人気ブログランキング |
2008年 07月 30日

993とエアコン

実は・・・先日、当ブログでご紹介した大阪千里の空冷オフの時からなのですが、
マイポルシェ(以下、P号と略します)のエアコンが効かなくなってしまっておりました。

納車されたときは、まだ涼しかったとはいえ、確かにエアコンは機能していたはず。
このボクにも、ヒストリックカー(というほどのモノではないですが)からの洗礼が、
ついに来てしまったのか!と思っちゃいました。

そして、購入したショップでは最初に1000km点検が付いていたので、
(2ヶ月とちょっとで1000kmを走破しました!)
エアコンも一緒に診てもらうことになりました。

初めて手に入れたポルシェで、その上、空冷ですから、この夏の猛暑の中では、
こんなものなのかなあ・・・ということも、実際、頭を過ぎったのですが、
993はこんなことはないですよ!とのスタッフの方からのお話。
一安心しました。

調べてみますとエアコンのガスが少なくなっているということでした。

原因は分からないのですが、とりあえず、この日はエアコンガスを入れてもらい
しばらく、様子を見ることになりました。

そして、帰りの道中ではしっかりエアコンが効くのを確認しつつ、快適に帰宅しました。

これが7/19のこと・・・

そして、一度も乗らずに迎えた7/27。

35℃オーバーの猛暑の中、家族で出掛けるためにP号で出発しました。

そして、エアコンのスイッチON!

しかし、吹き出し口からはいつまで経っても、温風が流れておりました(涙)。

運の悪いことにこの日は片道約1時間の道のりです。
ボクが家族とP号で出掛ける距離としては、比較的長いものになります。

これまでボクが所有していたクルマは、そんなに高額なクルマではないものの
さすがにエアコンが効くのは当たり前のクルマに乗っておりました。

ですから、家族からは、この熱い走り・・・、じゃなかった熱い室内に、
さぞブーイングが出るかと思いきや・・・
汗をかきながらも、意外に静かに乗っていました。

聞くと、古いクルマなので、これ位のことは覚悟していたそうです。
なんとも理解のある妻と娘で、ボクはなんと幸せモノなのでしょう(笑)。
でも、本来の実力としては、もっと快適なクルマなんですけどね。

その後、やはりこれはイカンということで、ショップに相談しますと、
きちんと直しましょうということになり、7/28に持ち込んできました。

というわけで、今、P号は入院中です。

確か保証期間中だったはずなので、修理代金は掛からないと思います。

P号の収まっていないガレージは寂しいものですね(涙)。

おまけのお宝ポルシェ画像・・・
a0022762_12431226.jpg
▲タイプ930の最終年式の限定車だそうです。
納車前整備が終わって本当にキレイな状態です。
このビッグバンパーの911はスパルタンで、男っぽい感じがイイです。
a0022762_12432585.jpg
▲964とボクスター
ここ最近、964の入庫が長く途絶えているみたいですね。
ミッションなんて全然ないそうです。
空冷はこれから益々手に入りにくくなってくるのかもしれませんね。

by nemujiro | 2008-07-30 19:32 | ポルシェとの密月


<< エアコン修理完了      京都伏見の酒蔵 と 993 >>