人気ブログランキング |
2008年 07月 07日

911(タイプ993)について(1)

今回はマイポルシェ911(空冷)についての長文です。
興味のない方には、何書いてあるのか分からないでしょうし、
全く面白くないと思うので、スルーしていただければと思います。

さて、我が家にポルシェ911がやってきたのが5月3日。
これで、2ヶ月が過ぎたことになります。
納車直後の舞い上がった気分も落ち着いてきて、
そろそろ冷静にこのクルマのことを語れるかなあ?ということで、
今日はこのことをお話したいと思います。

なお、初めてポルシェを所有しただけの、
たかだか2ヶ月のド素人が書く文章ですから、
とんでもない思い違いもあるかと思います。
その辺は笑ってお許し下さいませ。

■なぜ911?
決してボクスター、ケイマンが嫌いと言うわけではありません。

ただ、ボクの場合、我が家の家庭の事情により、
当分はこのスポーツカー1台で、ある程度のことをこなさなければならない!
という厳命(by奥様)がありました。

そうなると、3人家族の我が家にはリアシートは必須です。
でも、カイエンは大き過ぎて、ボクの制御できる範囲を超えてます。
よって、パス・・・となりますと・・・迷う余地はありません。
911以外の選択肢はありえません。

しかし、そこはポルシェのシンボル的存在の911ですから、
新しめのクルマは恐ろしく高い。ボクの甲斐性ではとうてい無理無理(汗)

そこで、買える値段まで時計を逆回ししていくと、
あっという間に12年前の中古車へタイムスリップ。
さらに、幸か不幸かこの993というクルマはポルシェマニアの方々の間では
かなりの人気車の様でして、出回っているタマ数はとても少ないです。

結果、悩むほどの選択肢もなく、あっけなくこのクルマに決定・・・
というのが真実です。

ちなみに涙目996の前期型も同じ価格帯でしたが、
全く考えませんでした。この理由はまた次のところで。

なお、肝心のリアシートですが、案外使えてます(笑)。
まだ娘が小学校3年生で小さいというのもありますが。

というわけで、誰も賛同してはくれないとは思いますが・・・我が家のように、
クルマ大好きのオヤジさんがいて、小学生の子供1人の家庭が、
ファミリーカー的に使用する場合、とてもよいチョイスであると、
勝手に思っています。(ちなみに子供2人までOKです。)

■なぜ、993(空冷)?
正直な話、空冷/水冷どちらでも良かったんです。
ポルシェのエンブレムが付いていたらOK・・・笑

それが、前述のとおり、リアシートが必要ということで911
そして、ボクがなんとか出せる金額の911で、なおかつ
ある程度この1台でこなせるように・・・ということで、993になりました。

ここで996の前期型があるではないか、という話になります。
確かに同じ価格帯で、ものによっては、より古いモデルの993より安いです。
機械としての信頼性も高く、壊れないと聞きます。
また、より快適で、速く走れるとも聞きます。

確かに、996は凄く良いクルマでした。
ボクのような使い方には993より、996の方が合っていたと思います。

でも、ボクが今回買うクルマに期待した方向とは若干違いを感じました。
多少の実用性は犠牲にしても、また、自分が多少の苦労を味わったとしても、
(趣味のクルマなので、多少の苦労はあっても良いと思ってます。)
もう少し趣味性のような感覚が欲しかったのです。

そういう意味で、空冷911は類い希なるスポーツカーであるのに、
実用性も持ちあわせ、更に濃厚な趣味姓をも持ち合わせた、
他に比肩するものがない存在であって、空冷911がボクには
絶妙な立ち位置に感じられたのです。

といっても、あまりに大変なのは、ちょっとなあということで、
30年以上に渡る空冷911の歴史の中で比較的、苦労を味わうことなく
唯一無二の味わいを楽しめるのは、1996〜97年の後期型993ではないかと
ボクは考えたのでした。

■993を手に入れて
特徴的なフロントの丸いライトとそのまわりのデザイン、
リアの美しいボディーライン、空冷エンジンの鼓動・・・
やはり、想像していたように、他の何物とも似ていない存在感。 
ボクの求めていたものはまさにこれだ!というのがボクの第一印象でした。
とにかく満足しています。

これまでの、ボクは比較的短期間でクルマを買い換えていたのですが、
このポルシェについては、かなりワガママを言って買っちゃいましたので、
家族の手前、短期間で飽きたから買い換えます・・・というのは、
今回は許されません(涙)。

ここで、一般にクルマを買い換えたくなるきっかけというのは
同じクルマのフルモデルチェンジ版が出た時っていうのが、
結構あるのではないかと想像しています。

でも、ご承知の通り、993、964、930、911のコードネームで呼ばれた
空冷911はもう作られていませんし、この先も作られることはありません。

ですから、空冷911と水冷911が別物だと決めつけてしまいますと、
空冷911の最終型993はこの先、未来永劫フルモデルチェンジがなく、
最新であり続けるのです。

ビンテージビートル、オールドミニもその様な存在であると思うのですが、
これらのように最初から古くて、次期型がもう出ないと考えますと、
ボクの中の困った買い換えたい病は意外に発症しにくいのではないかと。

その証拠と言っては何ですが、先日発表された最新の911について、
エンジンが直噴になった・・・とか、PDKがどうのこうのいう記事が
自動車雑誌で紹介されているのを、少し見る機会がありましたが
自分でも不思議なくらい、全く興味が沸きませんでした。

このように最新のものに目が行かない自分がなんとも不思議な気持ちです。

でも・・・、いつかは水冷という気持ちを実は持っていたりします(笑)。

長くなってしまったので、続きは・・・また次回以降にでも。

つづく(つもり)。

by nemujiro | 2008-07-07 23:53 | ポルシェとの密月


<< RFSイベント と オフ会緊急告知      The next target >>