人気ブログランキング |
2006年 09月 27日

RFS夏の住み心地レポート

もう10月になりますが・・・、RFSでの夏の住み心地について述べたいと思います。

北欧住宅での初めての夏は、なにかと試行錯誤しながら暮らしていたように思います。

どうすれば快適に暮らせるか。これがテーマです。もちろん、エコ×2(エコロジー&エコノミー)を目指す僕は環境に優しく、そしてお財布にも優しくがポイントです。

まずはエアコンをつけずに、生活をしてみました。

朝の室温はだいたい26~28℃といったところです。
一方、外は若干低めで、朝外出すると、外の方が随分涼しく感じます。

その後、午前中の屋外はぐんぐん温度が上がっていきます。
最終的には34~36℃あたりになっています。

一方の室内は、よく上がっても29℃まで。
この間、窓をしっかりあけて朝の涼しい外気を取り入れています。
日が差さない窓はその後もあけて、日が差す窓はすぐに閉めます。

昼間、外から帰ってきますと、いつもひんやりと感じます。
優秀な断熱性を感じる瞬間です。

午後になると、強烈な日差しが家に降り注ぎます。
西日の前ではLow-Eトリプルガラスを誇る北欧住宅も窓際から暑さを感じます。

また、食事の支度をし始めると、キッチンから熱が流れてきます。
これがちょっと気になります。そして、少しずつ室温は上がっていきます。
その他にテレビを見たり、パソコンしたりと・・・、これらの機器もかなりの熱を放出します。
そして徐々に室温は上昇し、午後3時頃には31℃ってところです。

夕方になると、今度は屋外の温度は下がってきます。
一方、一度上がった室温は何もしないとそのままの状態をキープしていました。
これも高い断熱性能が作用しています。

ただ、外の気温が低くなって室温を下回れば、外気を直接吸い込む第3種換気は強運転にすることで、室温低下が期待できるかなあと思っていましたが、そうもいかないみたいです。しかし、第1種熱交換換気システムと直接住み比べることが出来ないので、システムの優秀さについては何とも判断できませんが・・・。

要するに、料理をした時や、電気製品の発する熱などの各種生活熱が、それを外気の導入による温度低下を上回っているのだと思われます。特に網戸のない我が家は、夜、強烈な虫攻撃にさらされてしまうので、窓の開放は厳禁です。

今、ダラダラと書いたことを、グラフに表すとこんな感じになります。
これはある夏の1日の屋外、室内の温度変化を表したものです。
a0022762_22442973.jpg
屋外の温度変化に比べ、RFSの室内は圧倒的に温度変化が少ないです。
つまり、外界の温度変化の影響を非常に受けにくいことがよく分かります。

さて、この夏暑さ対策としてやってみたのがこちら↓。
a0022762_22114729.jpg
北欧住宅の先輩オーナーさんの情報を参考に、強烈な日差しの当たる窓にはスダレをかけました。見た目云々の話もありますが、数百円/枚であるにもかかわらず、しっかりと日差しを遮断してくれるその効果は非常に高く、おすすめの暑さ対策だと思います。

あと、来年に向けての課題として。
アミドは風の流れを考えて、数カ所程度は付けた方が良さそうです。
コレがあれば、夜に窓を開けることが出来、涼しい外気を取り込むことが出来るでしょう。

今年は北欧住宅1年生でしたが、来年はもう少し上手に暮らせるのではないでしょうか。

北欧住宅は暑くなるという意見をよく耳にします。
やはり、今の時代ある程度の空調は必要というのが結論です。

過大な期待をしていたということもありますが、まあ、以前住んでいた家の蒸し風呂のような暑さは、2階が斜天井になっている我が家ではありますが、ずいぶんマシなようには感じます。

ちなみに、エアコンをかけた場合、広めのリビングに吹き抜けのくっついた我が家も、意外と早く涼しくなります。また、止めたからといって、以前住んでいた家よりも暑くなるまでに時間が掛かるように感じています。

以前どこかでお聞きした、エアコン1台で家中涼しくなるというのは、ちょっと言い過ぎかとは僕は思っています。ただ、高い断熱性能からくる優位性は、この夏、十分に感じられましたよ。

後日、光熱費のレポートもしたいと思います。

by nemujiro | 2006-09-27 22:19 | RFSでの生活


<< ノスタルジックカーショーに行っ...      Porsche Excitin... >>