2006年 07月 21日

ミーレ食洗機の使用レポート

先日、かのスウェーデンハウス・メーリングリストでガデリウスの新型廉価版(?)換気システム「スウェフロー」が話題に挙がっていました。そのネタで当ブログを紹介いただき、アクセス数が少しアップしています。

というわけで久しぶりに、お家関連のネタいってみたいと思います。といっても、RFSネタではないですが、過去にたくさん書いておりますのでまあ良しとしましょう。

前置きが長くなりましたが、今日のお話は我が家で使っているミーレ社(ドイツ)の食洗機の使用レポートです。といっても、僕は全く使っていないので妻の使っている様子を傍から見ての感想になります。
a0022762_04412.jpg
さて、↑この食洗機ですが、今回の家づくりにおいて、妻が唯一自分の希望を主張した設備でした。ショールームで一目見て気に入り、当初から導入したいと言っておりました。

我が家は3人家族ですので、それほど大きいものは必要ないであろうということで、45センチ幅のものにしました。それでも結構余裕があり、少したまってから運転している様です。
a0022762_0444368.jpg
↑操作部はこんな感じ。
上位機種は少しデジタル表示が付いたりする様ですが、それでも国産メーカーと比べて、とてもシンプルで分かりやすく出来ていると思います。
a0022762_045870.jpg
↑洗浄槽へのアプローチはフロントオープンタイプと呼ばれる方式です。画像の様に前扉のみ手前にガバッと開きます。
a0022762_0452174.jpg
↑そして、こんな風に中から食器をセットするカゴが引き出し式に出てきます。

この洗浄槽へのアプローチの方式が使いやすさを左右するようで、妻の場合、僕の実家でトップオープンタイプ(食洗機本体の天板が開いて洗浄槽へのアプローチする方式)の食洗機を、自身の実家でプルオープンタイプ(食洗機の前面から、全面パネルと一体となった洗浄槽自体が引き出し式に出てくる方式)の食洗機を使っていたため、これらを比較した結果、ミーレのフロントオープンタイプが断然使いやすく、洗浄容量も抜群であるという結論に達した様です。

また、前の家で使っていた据え置き型のものよりも、運転音が随分静かになっています。
a0022762_0454234.jpg
↑最後になりましたが、ミーレ食洗機一番の売りはこちら。ミーレ独自の小物専用カトラリートレイです。
スプ−ン、フォ−ク、箸などを「仕切り」に並べて洗うので、重ならずきれいに洗浄でき、取り出しも衛生的。小物専用バスケットを使わない分、 庫内のスペ−スも広がるというメリットがあります。カトラリー類以外に、小皿など薄っぺらいお皿も洗うことも出来、ココがとても使いやすいと妻は言っておりました。
ちなみにこちらミーレ社の特許になっているそうです。
a0022762_0463515.jpg
↑僕も大好きな「MADE IN GERMANY」です。

国産のものに比べると若干お値段高めで、また、目を引く派手な機能は付いておりませんが、食洗機としての基本性能が非常に高く、そしてシンプルで使いやすいです。また、複雑な機構を持たない分、壊れにくい点も強調出来る点でしょう。長く使い続ける道具として、選んで間違いのない設備だったと思っています。

妻も大変気に入って使っているようで、良かったと思います。

※文中のコメントは全て僕の主観ですので、実際に採用される場合は、ご自信の目で十分にお確かめ下さいね。
[PR]

by nemujiro | 2006-07-21 01:23 | 購入品レポート | Comments(3)
Commented by レオン at 2006-07-21 07:21 x
我が家も同じ機種のミーレですが、確かに便利らしいです。それにとってもきれいに洗ってくれるのにはビックリしました。我が家も以前は手洗いだったのですが、手洗いよりは・・・。書けません(爆)
Commented by nemujiro at 2006-07-22 01:36
レオンさん
そういえば同じでしたね。僕は使いませんのでイマイチよく分かりませんが、とても重宝しているみたいですよ。食洗機があると、食後の時間をゆっくり過ごせるのが良いですね。もう食洗機のない生活には戻れないに違いありません。
Commented by レオン at 2006-07-22 06:57 x
ポチさん
娘達の教育の意味もあり、少しの時は手洗いを手伝わせている時もあります。
我が家は夜にまとめて一度だけ運用していますよ。
僕の特典は友人をたくさん家に呼んでも
嫁さんが「後片付けが大変じゃ~」と愚痴を言わなくなった事ですかね!ちなみに僕はまだ一度も食器を食洗機に入れた事がありません(笑)


<< 初の収穫      天気の良い休日は・・・ >>