2014年 02月 20日

New Renault Twingo

ジュネーブモーターショー2014に発表される3代目ルノートゥインゴ。
a0022762_74241.jpg
▲ボディーデザイン的には、ちょっとやんちゃなホットハッチ・・・ってな感じで思っていましたが・・・
a0022762_7415795.jpg
▲メカの方・・・駆動方式がなんとRR駆動で発売されるということで俄然興味が湧いてきました。
a0022762_7415073.jpg
a0022762_7414265.jpg
a0022762_7413420.jpg
▲先に発表されていましたTwin Run仕様で出てくれば更に面白そう・・・コンパクトハッチ大好物なので、今から楽しみです。

*******************************************************************
フランスの自動車大手、ルノーは2月14日、新型『トゥインゴ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14でワールドプレミアされる。

初代トゥインゴは1992年に誕生。欧州Aセグメントに属し、ルノーブランドの入門車の役割を担うコンパクトカーとして登場した。2007年春のジュネーブモーターショー07では、2世代目にモデルチェンジ。2011年秋には、大幅改良を実施。フロントマスクを中心に、イメージを一新している。

ジュネーブモーターショー14で初公開される新型は、3世代目。そのハイライトは、駆動方式。従来のFFをやめ、RR(リアエンジン・リアドライブ)方式を採用したことにある。

これは、ルノーとダイムラーの提携と関係が深い。新型トゥインゴの車台は、メルセデスベンツ傘下のスマートブランドの次期『フォーツー』と共用される。フォーツーは駆動方式がRRなので、新型トゥインゴもRRレイアウトに変更された。

新型トゥインゴのデザインには、2013年春に初公開したコンセプトカー、『トゥインジー』(TWIN‘Z)と『トゥイン ラン』(Twin’Run)のイメージが、色濃く反映された。ボディタイプは、通常モデルと大きなルーフ開口部を持つキャンバストップの2種類が用意される。

ルノーによると、新型はRR方式の採用により、最小回転半径を小さくすることが可能に。ルノーは新型トゥインゴについて、「リアに置かれたエンジンは、優れたハンドリングと広い室内空間を実現するため」と説明している。
[PR]

by nemujiro | 2014-02-20 07:59 | 自動車 | Comments(0)


<< New PowerTrain ...      立ち往生 >>