<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 29日

Caretta Caretta カレッタカレッタ

知人から、三上山の麓(滋賀県野洲市近江富士)になかなか良いお店があると聞いて行ってきました。

カレッタカレッタというお店です。イタリア料理のお店ですが、ハンバーグなどの洋食系もあります。

以前、ウチの奥さんがアルバイトしていたイタリア料理店が、ボクは大のお気に入りだったのですが、
残念なことに、今はもう閉店してしまいました。

その後はというもの、どこのお店に行っても、美味しいんだけど量が少ない、高い・・・とか、
ボリューム満点だけど美味しくない(汗)・・・という感じで、満足のいくお店がずっと見つからずにいました。

しかし、ついに見つけました!ここのパスタはお味のレベル、コストパフォーマンス共に非常に高いです。
ホント良いお店を見つけました。滋賀の美味しいイタリア料理店ということで、紹介しておきたいと思います。
(携帯カメラなので画像を小さくしております)
a0022762_20442955.jpg
▲今回はランチコース(1,380円)をチョイス。まずはサラダ。
お野菜がシャキシャキしていて、きちんとした材料を使っているなあという感じがしました。
a0022762_20442050.jpg
▲パンとジャガイモのスープ。ジャガイモのスープは今まであまり食べたことのないお味・・・とても美味しいです。
a0022762_20441292.jpg
▲パスタの方ですが、ボクは烏賊のペペロンチーニ(大盛り+100円)
a0022762_2044334.jpg
▲奥さんはトマトソース系をチョイスしました。

前述の通り、ウチの奥さんは、当時地元で人気のイタリア料理店でアルバイトをしておりましたので、
そのお店と同じ材料を使い、見よう見まねで、そこそこのクオリティーのパスタをお家で作ってしまいます。

こちらのパスタは、奥さんには悪いのですが、素人が付け焼き刃で頑張った味ではないですね。
これはプロの味ですね。量もしっかり入っている点もGOODです。
a0022762_20434768.jpg
▲最後はデザート・・・8種類ほどから3つ選べます。
チョコレートケーキ、抹茶のパンナコッタ、キャラメルアイス・・・どれもホント美味しいです。

もちろん食後のドリンクも付いています。すっかりお腹がいっぱいになりました。

この値段でこのボリューム、儲かってるのかなと心配してしまいました。

というわけで、リピート決定です。よいお店を見つけました♪
[PR]

by nemujiro | 2012-04-29 21:42 | 食べ物 | Comments(2)
2012年 04月 28日

アルファロメオ・ミト

GWになりましたね。今年のボクは今日から5/6まで9連休です。
日頃出来ないことを、いろいろやりたいなあと思っております。

さて、この前の日曜日、ボクの会社の後輩が、この度クルマを購入したので見せてもらいました。
a0022762_2075752.jpg
▲アルファロメオ・ミトです。ウチのピカソ号も一緒に。

人生初マイカーにアルファを選ぶという暴挙冒険をされました(笑)。
ボクよりも随分若い方なのですが、若者の車離れが叫ばれる中、なかなか見込みのある人であります。

でも、これだけは言えます。
クルマなんてただの工業製品ですが、選択によっては、新しい出会いがあったりして人生変わります。
フィットではムリですが(フイットに対して特に他意はありません。あくまでごく普通のクルマの例として挙げさせてもらいました)。

ともあれ、これから、楽しい思い出をミトでいっぱい作ってもらいたいと思います。

もしかしたら、夜会にも現れるかも知れませんが、その際はお手柔らかにお願いします。
[PR]

by nemujiro | 2012-04-28 20:07 | 自動車 | Comments(6)
2012年 04月 27日

ヨーロッパ 2012.4 番外編 クルマ

ヨーロッパ訪問記は終了しましたが、今日は番外編。
こちらは自称クルマブログでございますので、クルマネタもやっておきたいと思います。
a0022762_7505638.jpg
▲まずは、アルファロメオのミト・・・ニースにて。なぜミトかと言いますと、最近、ボクの会社の後輩がコレを買いました。
人生最初のマイカーに、このミトを選んだという、なかなかの強者なんですね。

納車後、喜んで1000キロ弱の遠征をしたそうですが、一度も同じクルマにすれ違わなかったそうな・・・笑
ヨーロッパではそこまでではないですが、あまり走っていませんね。ジュリエッタの方がよく見かけました。
a0022762_7504482.jpg
▲TVRはトゥールにいました。キミーラというやつかな。よく分かりません。
ヨーロッパはあまり洗車されていない汚いクルマも多いですが、このクルマはキレイにお手入れされていました。
a0022762_750277.jpg
▲同じくトゥールにて、リアからですが、ジャガーEタイプ。トゥールにはエンスーが住んでいるのでしょうか?
a0022762_750742.jpg
▲ポルシェも忘れてはいません。ケイマンRです。これもトゥール。詳細は説明するまでもないでしょう。
a0022762_7495270.jpg
▲ニースにてミニモーク
a0022762_20255273.jpg
▲それではへへに行ってみましょう。日本未導入のC3ピカソ。マーストリヒトのホテル前に停まっていました。
ヨーロッパでは結構人気車のようで、走っているのをよく見かけました。

サイズ的に現行のカングー(通称デカングー)みたいに大きくもなく、日本でも手頃に乗れるのではないかと思いますが、
正規ディーラーでは、いまだに扱わないみたいですね。
確かにこのクラスは日本車も競争が激しいですから、致し方ないんですかね。今後に期待したいです。
a0022762_7493293.jpg
▲そして、今回、一番見てみたいと思っていたシトロエンDS5。こちらもニースです。
フロントグリルのライトは標準なのかな?
a0022762_749814.jpg
▲さらに別の角度から。フィギュアスケートの会場のそばに停まっていました。
a0022762_12435790.jpg
▲ハイブリッド仕様のようです。
a0022762_7463468.jpg
▲リアから。車高がそれほど低いという訳ではないですが、幅が広いので、重心が低く見えます。
全体的なデザインのバランスはC4、DS4と比べて、かなり良いように見えました。かっいいです。
a0022762_7453327.jpg
▲夜のDS5。こちらもニースで見つけました。
昼に見つけたのとボディーは同色で、ハイブリッドの仕様でしたが、レザーシートの色が違うので、別のクルマだと分かりました。

メッキの部分が多いので、キラキラしています。デザインが独特なので、目立ちますね。いいかもです。
a0022762_7451836.jpg
▲さて、日本にはいくら位で入ってくるのでしょうね。

そして、ついに本国でも遭遇しました!
a0022762_7445229.jpg
▲DS様です(ここは敬意を込めて"様"を付けます)。
トゥールの整備工場で整備中なのを発見していて、後で見に行くと外に出ておりました・・・ラッキー♪
a0022762_7443494.jpg
▲非常に大事にされているのがよく分かる個体でした。
シートはオレンジのファブリックで、ボディー色もボク好みでVERY GOOD!です。
良いものを見せてもらいました。

こんな感じで、クルマの方でも、なかなか充実したヨーロッパ遠征でした。
[PR]

by nemujiro | 2012-04-27 21:22 | 自動車 | Comments(4)
2012年 04月 26日

ヨーロッパ 2012.4 フランクフルト空港~帰国

4/5(木)の夜、ANA210は定刻通り、フランクフルト空港を出発。

機内では、来る時と同様に食事を楽しんだり、映画を見たりして、まったり過ごしました。
a0022762_7423488.jpg
▲前菜
a0022762_7421849.jpg
▲これ何だったかな?美味しかったという記憶は残っているのですが。。。
a0022762_7415065.jpg
▲パン
a0022762_7412831.jpg
▲やっぱり、お肉でしょう♪
何かイメージしていたのと違うなあと思って食べていたところ、ソースが間違っていたようです。
半分くらい食べてから、キャビンアテンダントさんがお詫びに来たのですが、仏のボクなので許してあげました。
a0022762_7411230.jpg
▲着陸前の軽い食事はサラダと
a0022762_7405558.jpg
▲うどん。意外に美味しかったです。
a0022762_7403595.jpg
▲定刻よりも少し早めに成田には到着。大阪伊丹行きに乗り継いで、予定通り帰宅しました。

ヨーロッパ出張も2回目になると、かなり慣れてきて、多少余裕も出てきました。
行動範囲もずいぶん広くなったと思います。

懸案の言語コミュニケーションの方も、多少出やすくなってきたとは思いますが、油断しているとまた元に戻ってしまいます。
よって、次回に備え、この状態を維持するためにも、家庭学習は続けないといけませんね。

長々と続きましたが、これで終了です。
[PR]

by nemujiro | 2012-04-26 20:57 | お出かけ | Comments(6)
2012年 04月 25日

ヨーロッパ 2012.4 ルフトハンザワールドショップ

4/5(木)の帰国直前・・・フランクフルト空港にてお土産(自分用)ショッピング。
a0022762_7172083.jpg
▲お目当ての品物はこちらのルフトハンザワールドショップにあります。

ルフトハンザワールドショップはターミナル1の航空会社のチェックインカウンターと同じフロア・・・
エリアAとエリアBの計2店舗あります。目立つのですぐに見つかるかとは思います。
a0022762_717826.jpg
▲お~、ありました。カッコイイ♪リモワのルフトハンザ航空限定モデルです。
こちら、日本では売ってないんです。目印はルフトハンザ航空のロゴマークです。

欲しいのはパイロットトローリー(横長のアルミキャリー)で、大きい方(46L)と小さい方(36L)の2モデルあります。

ボクは普段から何かと荷物が多い人なので、大は小を兼ねるということで大にしようか・・・
でも、大の方は、機内持ち込みサイズをかなりオーバーするので、機内持ち込みで止められるし・・・
a0022762_7164789.jpg
▲こんな感じで、いろいろ悩みぬいて、結局、小の方にしました。

お値段は459ユーロでしたので、この時のレートで税込み約5万円でした。
リモワの通常モデルや、並行輸入の同じものの日本での価格を考えると、かなりお安く買えました。

免税店は、箱に入れた状態で梱包され、帰国まで使えない状態でお持ち帰りとなるのかなと思っていましたが、
そのまま店員さんから「すぐ使いな」って感じでポイっと渡されました。

このままだと、デカイスーツケース+買ったやつ+手荷物+お土産の紙袋(小)と大変なことになったので、
店を出て、すぐ空港のベンチを陣取り、荷物を整頓・入れ替えをしました。

そして、何とか、荷物を2個にまとめて、デカイ方のスーツケースはANAのチェックインカウンターで預けました。

買ったやつは、ちょっと小さいかなと思っていましたが、なかなかの収納力で、ボク的にはこれで十分でした。
2、3泊程度の出張で、これから活躍してくれることでしょう。良かったです。

買い物が終わったら、今度は支払った付加価値税の免税申請です。
もしかしたら、手続きに興味のある人がいるかもしれないので、以下に書き残しておきます。

免税手続きの窓口は、出国手続きの後のところにありますので、買い物が終わったら、ゲートに向かいましょう。
セキュリティーチェック、出国審査が終わった後に窓口はあります。

今回、ボクは機内持ち込み手荷物にしましたので、この流れになりますが、荷物を預ける場合は
ゲート(セキュリティチェック)の前に免税申告の窓口があるので、そこで手続きをする必要があります・・・ご注意を。
a0022762_7161569.jpg
▲出国審査が終わったら、この表示のある窓口を目指します。今回は、B41の場所にこれがありました。
a0022762_716212.jpg
▲この表示の順番に手続きを進めます。
まず、1番目は購入した品物のレシートを準備し、ここに税関のスタンプを押してもらいます。
税関では現物をチェックされる場合もあるようなので、手元に置いておかなければなりません。
くれぐれも手荷物に預けないようにしましょう(今回、特にチェックはされませんでしたが)。
a0022762_7154442.jpg
▲スタンプをもらったら、税金還付の窓口に行きますが、ここでも、注意・・・
還付の窓口は2種類ありまして、こちらの「Global Blue」というのと・・・
a0022762_7153167.jpg
▲こちらの「PREMIER TAX REFUND」というのがあります。
ご自分がもらったレシートを見て、そこに表示されているカウンターに行かないと受け付けてくれません。
ボクの場合も最初、窓口を間違っていて、係の人から書類を突き返されるので、何で?と悩んでしまいました。
a0022762_7151446.jpg
▲「PREMIER TAX REFUND」の場合は、こちらの外貨両替のトラベレックスの窓口で手続きになります。

商品購入時に現金で購入した場合は、窓口で現金で返してくれます。
カード支払いの購入の場合は、窓口で伝票のみ回収されるケースと、窓口に備え付けてあるポスト入れるように
係の人に指示される場合の2パターンありました。これは指示通りにすればOKです。

ボクの場合、カード支払いだったので、後日カード会社経由で返ってくる(らしい)ですが、
今のところまだ戻ってきません。噂では、忘れた頃に返ってくるらしいので、気長に待つことにします。
a0022762_7163446.jpg
▲無事ミッションを完了した後は、よだれを垂らしながら高級機械時計(約330万円)を見たり・・・
a0022762_715389.jpg
▲ラウンジでくつろいだりしながら、フライト出発時刻まで時間をつぶしました。
a0022762_7145073.jpg
▲ようやく帰国です。ANA210便、成田行き、20:45出発。
a0022762_7144050.jpg
▲こちらの飛行機、B777-300ER(だったと思う)に搭乗して帰国の途につきました。

長かったですが、いよいよ次回で最終回です。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-25 22:03 | お出かけ | Comments(4)
2012年 04月 24日

ヨーロッパ 2012.4 ケルン~フランクフルト空港

4/5(木)。長く続きましたヨーロッパ訪問記ですが、いよいよ、最後のお客さま訪問となりました。
もう少しでおしまいです。
a0022762_19395246.jpg
お客さま訪問を終えた後は、フランクフルト空港から帰国です。、
a0022762_19393654.jpg
▲トラムで移動中・・・トラムは自転車でそのまま乗り込むことが出来ます。これこそエコ(エコロジー&エコノミー)ですね。

それにひきかえ、我が日本国は・・・もう少し、今、何が出来るのかを考えるべきだと思います。

さて、トラムの乗車券は車内の券売機で買うのですが、ここでまた困ったことになりました。
おそらく、短距離、中距離、長距離の3区分になっているようなのですが、いくらの切符を買ったらよいか分からなかったのです。

ここでも、券売機の前でウロウロしていると、また、初老の紳士が「兄ちゃんどしたんや」ってな感じで声を掛けてくれて、
どの切符を買えばよいのか教えてくれました。

今回、こちらドイツでは困っていた時に助けてくれた人が2人もいました。親切な人が多いのかな。
もともと、ドイツプロダクトをきっかけにドイツは大好きですが、ますます好きになりました。

この紳士の行動を自分に置き換えて・・・日本で海外の旅行者が困っているみたいであったとして、果たして声を掛けたでしょうか。
おそらく、知らんぷりをしていたに違いありません。

でも、今後、もし海外から来た人が困っているようなら、この紳士のように、すっと手を差し伸べられる人になろうと思ったのでした。
a0022762_19392398.jpg
▲巨大で写真に収まりきらないケルン大聖堂は、相変わらず工事中でした。
a0022762_1939819.jpg
▲昼食はケルン駅のマクドナルドにて。
ハンバーガーは日本とは違うメニューがあり、興味深かったです。ポテトはほとんど同じ、飲み物のスモールはデカ過ぎ・・・苦笑
a0022762_19384838.jpg
▲ケルン駅からは14:55発のICE209にて、フランクフルト空港駅まで移動します。フランクフルト空港駅には定刻の15:51に到着。
ココまで来れば、あとは飛行機に乗って、日本に帰るだけです。
a0022762_19383084.jpg
▲そうそう、こちらのルフトハンザワールドショップで、今回の最重要なついでのお仕事が残っておりました♪

つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-24 19:37 | お出かけ | Comments(2)
2012年 04月 23日

ヨーロッパ 2012.4 マーストリヒト~ドイツ・ケルン

4/4(木)は朝からお客さま訪問。
a0022762_12484119.jpg
▲まだ肌寒い感じですが、桜が咲いておりました。

ちなみにマーストリヒトの街ですが、大学がある関係で学生さんが多く、自転車ライダーが結構多いです。
車道の横に自転車専用道がありますが、ここを渡る際、かっ飛び自転車にハネられそうになるので注意です。

そして、お客様との面談は午前で終了し、この日はそのままドイツまで鉄道移動でした。
a0022762_12482636.jpg
▲ドイツへは前日に来たルートをそのまま戻ります。こちらがマーストリヒトからリエージュギユマン間の列車。
近代的なリエージュギユマン駅には不釣り合いなローカル列車・・・1時間に1本しか走っていないので、この点も注意です。
a0022762_12481091.jpg
▲リエージュギユマン駅前。ここはベルギーです。駅の売店でチョコを買いましたが、とても美味かったです。
a0022762_124750100.jpg
▲日本でいうところの在来線列車

リエージュギユマンからは、これまた来た時と同じ、高速列車(ICE)に乗ってドイツのケルンに向かいます。
a0022762_828411.jpg
▲ケルン駅に到着。約1時間の乗車で到着です。

ケルンでの宿泊は前回と同じAMERON HOTEL REGENT。こちらに1泊だけします。

ホテルはケルン駅から少し離れていますので、トラムで移動しなければなりません。
昨年の出張時も通った道のりだったのですが、細かいことをすっかり忘れてしまっており、切符の買い方が分からなくなっていました。
そうして、券売機の周辺で同行者とウロウロしていると、初老の紳士がどうしたの?と声を掛けてくれました。
この人が超親切な人で、行き先を告げると、「じゃあついて来い」ってな感じで、途中の乗換駅まで一緒に来てくれました。

道順など、いろいろと事細かく教えてくれたおかげで、無事ホテルに到着することが出来ました。
a0022762_12473789.jpg
▲そして、夕食はこちらのレストランで。
この日が今回の出張でのヨーロッパ最後の夕食になるのですが、店先のブラックボードの漢字に引き寄せられ、
こちらの中華料理店に入りました。
a0022762_12472428.jpg
▲肉餃子・・・ドイツの中華レストランなので、特に期待はしていなかったのですが、結構美味しかったです。
a0022762_12471077.jpg
▲こちらはワンタン麺。ちょっと薄味でしたが、お肉系など脂っこい料理がちょっとイヤになりつつあったので、ちょうど良かったです。
a0022762_12463635.jpg
▲シメはホテルのバーでビール(無料)を一杯ひっかけて眠りにつきました。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-23 19:30 | お出かけ | Comments(0)
2012年 04月 22日

ヨーロッパ 2012.4 マーストリヒト

4/3(水)の夕方。マーストリヒトでの宿泊は1泊のみ。
a0022762_20222135.jpg
マーストリヒト駅から10分ちょっと歩いてホテルに到着。
a0022762_2022860.jpg
▲今回はCrowne Plaza Maastrichtに宿泊。ホテルのロビーにはチンクが展示されていました。
イタリアの国民車はこちらでもリスペクトされているようです。
a0022762_2021563.jpg
▲夕食は駅からホテルに向かう道中で見つけたこちらのレストランで・・・ギリシャ料理店です。
英語メニューがあったので良かったです。
a0022762_20214221.jpg
▲サラダ。グリーンペッパーの酢漬け
(ピクルス?)は初めて食べたのですが、とても美味しく、ドイツの食料品店で買って帰りました。
a0022762_20213094.jpg
▲豚肉のグリル
a0022762_20211831.jpg
▲イカフライ
a0022762_2021622.jpg
▲トマトソース味ではありましたが、久々のご飯でした。
a0022762_20204663.jpg
▲食後はホテル近辺を軽く散策
a0022762_20201981.jpg
▲マース川
a0022762_2020745.jpg
▲マース川沿いの建築物は雰囲気があって良いです。
a0022762_20195655.jpg
▲日没
a0022762_20194292.jpg
▲まだ明るいのですが、まもなく20時です。
a0022762_20192750.jpg
▲こちらでもオープンカフェは盛況で、ヨーロッパの方はホントこういうの好きですね。
a0022762_20191283.jpg
▲マーストリヒトは石畳の街でありまして、このような風景が多いです。
a0022762_20185883.jpg
▲マース川沿いの遊歩道を通ってホテルに戻りました。
a0022762_20184550.jpg
つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-22 12:14 | お出かけ | Comments(0)
2012年 04月 20日

ヨーロッパ 2012.4 ニース~フランクフルト~マーストリヒト ドイツ新幹線

4/2(月)~はお仕事のお客様訪問の方、後半戦スタートです。
a0022762_9503971.jpg
▲ニースのホリディインでの3日間の朝食は、毎日代わり映えのないこんな感じ。
a0022762_9502662.jpg
▲選べるものも少なく、まず、野菜類がほとんどありません。
食べ物は肉食系のボクですが、さすがにちょっと困ります。ご飯が恋しくなってきました。

4/2(月)のお客さま訪問を無事終えて、さらに1泊ニースにて滞在。明けて4/3(火)は移動日でした。
a0022762_950753.jpg
▲ニースコートダジュール空港から、10:45発ルフトハンザ1059便にてフランクフルトへ向かいます。
世界フィギュアスケートの関係者が乗っていたようです。
a0022762_9494754.jpg
▲よく分からないのですが、ビジネスクラスになっており、食べ物が出ました。
a0022762_9491763.jpg
▲植物の茎みたいなサラダでしたが、味はまあまあ。野菜不足でしたので、しっかりと頂きました。
a0022762_949518.jpg
▲ニース上空~さよならニース~
a0022762_9484521.jpg
▲約2時間弱のフライトでフランクフルト空港に到着。
a0022762_948298.jpg
▲フランクフルト空港には高速鉄道(日本でいうところの新幹線)がフランス同様、直接乗り入れているので、
都市間の近距離移動がとても便利です。

前回訪問時も感じましたが、この点、日本は関空特急、成田エクスプレス・・・不便です。
どないかなりませんかね。国の観光施策として良くないと思うのですが。
a0022762_9481599.jpg
FRANKFURT FLUGHAFEN駅の高速鉄道乗り場。在来線列車乗り場とはフロアで分かれているので注意しましょう。
a0022762_948175.jpg
▲ドイツ新幹線"ICE"の車両。曲線を基調としたずんぐりむっくりな印象の車両です。
a0022762_9474898.jpg
▲乗車する1便前の列車は憧れのシュトゥットガルト行き。ご承知の通り、ポルシェの本社があるところです。
ポルシェミュージアムが俺を呼んでるぜ~と叫びながら、このまま乗って行きたくなりました。
a0022762_9473546.jpg
▲乗車するのは14:32発のブリュッセル中央駅行きのICE14。途中のリエージュギユマン駅まで乗車します。
a0022762_9472198.jpg
▲指定された席の頭上、窓の上のところには、乗車区間が表示されております。

ただ、こちら指定席なのですが、空いていたら自由に座っていいというルールになっているのか定かではないですが、
いつも誰かが、先に座っています(行きも帰りも)。
相手も分かってて座っているようなので、EXCUSE ME+SMILE(0円)でとっとと席を空けてもらいます。
a0022762_947738.jpg
▲ICEを2時間ちょっと乗車して、ベルギーのリエージュギユマン駅(Liege Guillemins)で乗り換えです。
昨年の訪問時と同様に、こちらのローカル列車に乗り換えです。

相変わらずボロ汚い列車ですが、キッチリと検札には回ってくるので、チケットは忘れてはいけません。
a0022762_9463378.jpg
▲30分と少々でこちらマーストリヒトに到着。

南のニースからこちらに入ると、少し肌寒かったので厚手のジャケットを引っ張り出しました。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-20 20:07 | お出かけ | Comments(0)
2012年 04月 19日

ヨーロッパ 2012.4 ニース シトロエンディーラー

4/1(日)のつづきも今回で終了です。モナコからニースに戻る道中でのちょっと寄り道。
a0022762_733550.jpg
a0022762_732337.jpg
▲かわいらしい石けん類のお店に立ち寄ったり
a0022762_73825.jpg
▲昨年訪問した塩&スパイス類の専門店で買い物をしたりしました。

店主らしき人にアンタ日本人か?と聞かれたのでハイと答えたところ、これ知ってるか?と言って山椒を指さしてました。
山椒はこの地では、日本風のスパイスなのですかね。他に刺身醤油も置いてあり自慢げに話していました。

こんな感じで、ニースは少し路地を入ると、珍しいものを売っているお店があるので面白いです。
a0022762_72551.jpg
▲こちらはカジュアルな寿司店のオープンカフェ。醤油と鮮やかなお花がアンバランスな感じ。
a0022762_724027.jpg
▲それから、フィギュアスケート世界選手権の会場のすぐそばに、シトロエンディーラーを発見しました。
へへマークを掲げているのに、何故かホンダフィットが展示されていました。

残念ながら、この日は日曜日だったので閉まっていたため、外から見るだけ~でした。

いくつか日本では珍しいものをご紹介します。
a0022762_72267.jpg
▲DS3の屋根が紫色のバージョン。
ホイールのキャップ類も紫色にトータルコーディネートされていて、なかなかオシャレでした。
こちらでは、より自由度の高いカスタマイズが出来るのでしょうね。
a0022762_721438.jpg
▲こちらはDS4ではありません。C4の車高が高いバージョンのようです。
スバルのレガシィで言うとノーマルバージョンとアウトバックの関係のようで、日本には入っていないモデルですね。

そして、画像左側の奥にはDS5がチラッと見えております。ディーラーが開いていたら、突入調査を敢行したのですが・・・残念
a0022762_7229.jpg
▲そして、夜は同行者と合流しまして、オープンカフェで食事をしました。

こちらのお店でお客さんが食べていたピザがめちゃくちゃ美味しそうだったので、今夜はピザに決まりました。
a0022762_714911.jpg
▲チェーン店のようですね。
a0022762_712859.jpg
▲1番シンプルなマルゲリータをオーダーしました。
ニースはイタリアに近いので、イタリア人も多く、必然的にイタリア料理店も多いみたいです。

想像通り、焼き上がりのパリッと感と、もっちり感が同居した本格的な美味しいピザでした。
半切れですが、かなりデカイので、1枚でお腹いっぱいになりました。
これは、我が家の薪ストーブをもってしても真似出来ない味です。。。満足しました。

次の日からは、お仕事の方、後半戦スタートです。つづく
[PR]

by nemujiro | 2012-04-19 23:59 | お出かけ | Comments(0)