<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 23日

KIPON NEX用コンタックスGレンズマウントアダプター

ウチには、長年、死蔵されているフィルムカメラがいくつかあるのですが、その中の1台であるコンタックスG1。

単焦点カールツァイスの描写力に感銘を受け、当時はかなり気に入って使っていたのですが、
やはり、お手軽デジタルという時代の波に飲み込まれ、使わなくなってしまいました。

このレンズが、家族用(娘)用に入手したSONY NEX-5にマウントアダプターを介して使えるということで、
先日、ようやく買ってきました。
a0022762_855586.jpg
▲使わなくなったG1とのツーショット。この後、G1本体はまた押入の中に眠らせました^^
a0022762_8555376.jpg
▲最初付いていた広角単焦点レンズは、今ひとつパッとしませんでしたが、格好良くなりました。
a0022762_8554923.jpg
▲手動でしかピント合わせが出来ないので、オートに慣れた身には撮影訓練が欠かせません。
これを差し引いても、カールツアイスGレンズを現在のデジカメで使えることは、実にメリット大です。

また、イジって遊びたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2011-06-23 21:26 | ミニカー・カメラ・雑貨 | Comments(2)
2011年 06月 21日

梅雨

カメラのセッティングの難しさは相変わらずでして、加えて、ほどほどにしか頑張らない性格も災いして、
全然上達が感じられないんですよね・・・カメラ・・・困りました。

でもまあ、何か分からないけど、とても楽しいので良いのです。
a0022762_23135820.jpg
巷ではカメラ女子なる人々が増殖しているようで、そのようなタイトルの雑誌がよく目につきます。
a0022762_23135128.jpg
そのような本を立ち読みしては、なるほど~などと頷いているのですが、店を出るやたちまち忘れておりまして、
いやはやどうしたものか・・・という感じで悶々としている今日この頃であります。
[PR]

by nemujiro | 2011-06-21 22:12 | M8との日々 | Comments(0)
2011年 06月 20日

蒸気機関車C56160

昨日の日曜日は、SL北びわ湖号の運転があるため、その蒸気機関車が回送される・・・との情報を得て見に行きました。
a0022762_22512390.jpg
▲前回、冬に見に来た時はC57でしたが、今回はコンパクトなC56でした。

蒸気機関車ですが、ボクが物心ついた頃には、既にどこにも走ってなかったので、
煙を吐いて動く姿を見るようになったのは、随分と大人になってからでした。

石炭の煙と蒸気がいろいろなところから出ている姿は、躍動感に溢れており、見ていて飽きることがないです。
a0022762_22511849.jpg
▲いつもの通り、電気機関車に牽引されてきました。
a0022762_22511387.jpg
▲7時過ぎから、だいたい15分程度止まっているので、写真は撮り放題です。
フェンスが高いので、ポジション的にはやや撮りにくいのですが。
a0022762_2251897.jpg
▲機関士さんが、せっせと石炭をくべている姿も見れて面白いです。実にアナログなマシンですね。
a0022762_2251036.jpg
▲しばしの時間調整の後、発車前にビルの谷間で聞く汽笛の音は、こだまになって街に響き渡っていました。
いやはや、痺れました~。

また機会があれば、見に行くつもり♪
[PR]

by nemujiro | 2011-06-20 21:41 | M8との日々 | Comments(2)
2011年 06月 18日

大きな屋根の下で

街の明かり1つ1つは、電気があって機能している。今、書いているブログも電気を使っています。
電気は豊かさの象徴と言われて久しい・・・

ここ関西では、毎日ほぼ不自由を感じることはないのですが、ボクは今でも原発のことを考えない日はないです。
a0022762_2154326.jpg
関西の電気の48%は原子力発電から出来ています・・・by 関西電力

発電時にCO2を排出しない電気を日本で最も多く供給している福井県は、日本のCO2排出削減に貢献し、
ひいては、地球環境保全に寄与しています・・・by 関西電力

CO2を出すのはNGで、放射性廃棄物を出すのはOKというのは、子どもが考えてもおかしいことはすぐ分かります。
a0022762_21541781.jpg
今を生きる人間の義務として、もっと前向きに生き、建設的な議論をしないといけません。
このままだと、子どもたちが安心して暮らせる世の中を後生に残していけない。
[PR]

by nemujiro | 2011-06-18 12:55 | M8との日々 | Comments(0)
2011年 06月 16日

梅田ブラブラ

先日の夜は、大阪梅田界隈を散策しました。

巨大デパートがオープンして、たいへん賑やかになっているようですが、あまり行きたいとは思わないです。
子供の頃からデパートで何かを買うなんて、ほとんどなかったからなあと思います。

そんなボクはというと・・・
a0022762_15334536.jpg
▲昭和な雰囲気の焼鳥屋で・・・
a0022762_15333461.jpg
▲最近は、お箸の持ち方一つで、芸能人さんは持ち上げられたり、タタかれたりするみたい。
もっと、目を付けるところがあるんじゃないかと思います。
a0022762_15332183.jpg
▲やっぱり、大阪といえば粉モン
a0022762_153397.jpg
▲テキパキと手際が良いです。手、疲れないのかな。
a0022762_15325718.jpg
▲昭和な雰囲気漂う飲み屋街をブラブラした後は・・・
a0022762_15324244.jpg
▲最新電化製品を眺めに(←買いにではないところがミソです。)、ヨドバシカメラへ行きました。
お手洗いだけ拝借しました・・・笑
[PR]

by nemujiro | 2011-06-16 20:39 | お出かけ | Comments(0)
2011年 06月 15日

ヨーロッパ出張2011.3 ~帰国3.12

やっとこさ最終回。備忘録ネタに長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。

帰国の日の午前中はフィレンツェ市街を散歩して、残り少ないヨーロッパステイを楽しみました。
a0022762_22134319.jpg
▲石畳の街並み
a0022762_22131854.jpg
▲休日はマーケットが開かれるようです。客引きがちょっとキツめ。
a0022762_22125355.jpg
▲ハムとチーズは本当にたくさんの種類がありました。
かなりたくさんの種類のハムを食べましたが、どれもとても美味しかったです。
(チーズはあまり得意ではないので食べてません)
a0022762_2212325.jpg
▲今回宿泊したホテル「HOTEL BAGLIONI」。歴史のある有名なホテルみたいです。

フィレンツェ滞在中、家族、同僚から、地震について断片的に入ってくる情報は、悪いニュースばかり。
早く帰りたい・・・でも、果たして帰れるのか・・・考えても仕方ないことは分かっているのですが、心配ばかりしていました。
a0022762_8525127.jpg
▲そのときのボクの奥さんからのメール。3/12の朝にもらったものです。

帰路は、フィレンツェからミュンヘンへ、そして、ミュンヘンから成田、というルートですが、
このメールの内容では、日本の状況によっては、違う空港に降ろされるか、もしくは・・・
最悪、飛ばないってこともあるかなと思っていました。

しばらくそこで足止めを食らうかもしれないけれど、その時は、とにかくミュンヘン空港に行くしかなかったです。
a0022762_22121225.jpg
▲フィレンツェからミュンヘンへの便はこのプロペラ機。この便は定刻通りに離陸~着陸しました。
a0022762_8524558.jpg
▲ミュンヘン空港のラウンジに置かれていた新聞は、どれもこれも日本の地震のニュースがトップ記事でした。
大津波で大変なことになっていることを、この時、初めて知りました。
a0022762_2181437.jpg
▲フライトは、結局4時間程、出発の遅れはありましたが、何とか飛んでくれました。

この4時間の遅れは、成田から東京に行く列車の状況によっては、東京から関西に帰る新幹線の終電に間に合わない
可能性もありました(結局は何とかその日の内に自宅に帰れました)。

でも、地震で被害に遭われた方のことを考えますと、帰れるだけ、ありがたいのだと自分に言い聞かせました。
a0022762_2181057.jpg
▲深夜のフライトとなり、空港はこのフライトに関わる人だけしかいません。

機内ですが、来るときには、かなりたくさんの外国人が乗り合わせていたのに、ほぼ皆無で空席が目立ちました。
乗っているのは、ヨーロッパから帰国する日本人だけという、今までに経験したことのない光景でした。

ボクの隣に座っている方が、客室乗務員の方と話している会話が耳に入ってきたのですが、予定では成田から乗り継ぎ、仙台に向かう予定だったようです。
客室乗務員の方は、とても丁寧に状況を説明されていました。

会話の最後に耳に入ってきた話は、仙台空港の復旧のめどが全く立っておらず、我々はどうすることも出来ない。
何とか、無事帰れることを祈っている・・・というようなニュアンスのことを言われていたと記憶しています。

非常事態の最中とはいえ、近くで大変な心配を抱き、帰国される方を目の当たりにし、更に心が痛みました。

以上、帰国からかなり時間が掛かってしまいましたが、これにて終了です。いつも通りのガラクタネタに戻りたいと思います。

初のヨーロッパ出張は、ホントたくさんの出来事がありました。これらのことは一生忘れないだろうなあと思っております。

おわり
[PR]

by nemujiro | 2011-06-15 22:10 | お出かけ | Comments(2)
2011年 06月 12日

ヨーロッパ出張2011.3 ~3.12朝

ヨーロッパ出張備忘録もいよいよ終わりに近づいてきました。

3/12の朝・・・帰国の日です。
フライトは午後ですので、朝から昨夜歩いた道のりをブラブラ散策しました。
a0022762_22163937.jpg
▲朝のサンタ・マリア・デル・フィオーレ
a0022762_22162658.jpg
▲ドウモ。夜とはまた違い、壁面の彫刻が細部まで見ることがで来て、素晴らしい建築物であることを改めて実感。

建物内部を登って、フィレンツェの町並みを見たいとも思いましたが、長い階段を登るには時間もなく、
今回は諦めました。次回は必ず挑戦したいと思います。
a0022762_22161266.jpg
▲アルノ川にて
a0022762_22155946.jpg
▲アルノ川とベッキオ橋
a0022762_22154681.jpg
少し曇り空ではありましたが、朝早くから多くの観光客が観光されていました。
a0022762_2215346.jpg
a0022762_22152396.jpg
a0022762_2215274.jpg
このエリアに普通に住んでいる方もいるようですが、昨日、ご一緒したお客様の話では、
これらの物件は日本円で1億円以上するとのことでした。

次はいよいよ帰国。やっとこさ最後です・・・笑。
[PR]

by nemujiro | 2011-06-12 09:55 | お出かけ | Comments(2)
2011年 06月 01日

ヨーロッパ出張2011.3 ~フィレンツェの夜3.11

フィレンツェには夕方に到着しまして、まず一泊・・・あくる日は午前中からお客様訪問でした。

フィレンツェの到着日が3/10・・・あけて3/11・・・ホテルで朝、目覚めて、いつものようにネットに接続してみると、
ニュースサイトから大地震の一報が入ってきました。

フィレンツェですが、時差は日本マイナス8時間です。
ですから、14:46から8時間を引いて、現地の朝7時ちょっと前が地震の発生時刻でした。

お客様の会社に向けて出発する時点では、被害の情報がほとんど入っておらず、
日本の様子がかなり気になっていましたが、家族、同僚にメールで大丈夫かと聞いた程度。

この日の面談は9時頃~スタートし、途中、お客様の社内カフェテリアで食事を頂いて、
17時過ぎまでという、長い打ち合わせでした。

お客様サイドも、日本の大地震のことをかなり注目されていて、会議の合間にいろいろと情報を入れてくれました。
日本は大変なことになっている。家族は大丈夫なのか。こんなトコロにいて良いのか・・・など、気に掛けて下さる方がたくさんいました。

だんだんと詳細が分かって来るにつれ、無事に日本に帰れるのか、帰りの飛行機自体が飛んでいるのか、
いろいろと不安になってきたことを思い出します。

でも、あまり考えても仕方がないので、お客様がフィレンツェの案内と食事をご一緒してくれるというので、
街中を散策+食事を楽しみました。

ここフィレンツェは歴史的建造物、美術品の宝庫。その一部をご紹介~アフター5ですので、夜です。
a0022762_8204550.jpg
▲ベッキオ宮殿
a0022762_8191920.jpg
▲こちらは歴史的建造物ではありませんが、こんな感じのオシャレで雰囲気のあるオープンカフェがありました。
a0022762_8203469.jpg
▲サンタ・マリア・デル・フィオーレ
a0022762_8202131.jpg
▲サンタ・マリア・デル・フィオーレ(別の角度から)
a0022762_820857.jpg
▲ドウモ
a0022762_819584.jpg
▲アルノ川とベッキオ橋
a0022762_8194223.jpg
▲ベッキオ橋から見た景色
a0022762_8193172.jpg
▲お客様との夕食はLa Bussolaというレストラン。フィレンツェの郷土料理のお店です。

イタリアというと、ピザ&パスタをイメージしていましたが、フィレンツェは炭火焼きの牛肉が名物らしいです。
あっさりした赤みの厚切り肉をレアでいただく・・・非常においしかったです。

プライベートで来てみたいと思わせるお店でした。
a0022762_819630.jpg
▲ホテルに帰り、テレビをつけると、ほとんどの番組が日本の地震のニュース番組。

繰り返される、揺れ、津波、火災・・・などの映像、そして原発が非常事態である状況に言いようのない不安を覚えました。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2011-06-01 21:39 | お出かけ | Comments(0)