<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

ヨーロッパ出張2011.3 ~マーストリヒト滞在

ヨーロッパ出張の続きをUPします。
また次も行かないといけないので、個人的な備忘録を兼ねております。ご了承下さい。

電車運休の憂き目を見るも、タクシーに救われ、マーストリヒトのお客様訪問を無事に終えました。
この日はマーストリヒトのホテルで宿泊なので、夕食には少し早かったこともあり、軽く散策しました。
a0022762_2162686.jpg
▲マーストリヒトの街並み。石畳のとても雰囲気のある風景です。
あとで調べたところ、観光地としてもなかなか人気があるようです。
a0022762_2161256.jpg
▲泊まったホテル「BASTION MAASTRICHT」
a0022762_216118.jpg
▲ホテルの窓から。こぢんまりした建物が並んでいます。
この日はお祭りだったみたいで、結構賑わっていましたが、夜になると人影はほとんどなくなりました。
a0022762_2154980.jpg
▲街灯と石畳。

余談ですが、石畳の道路はキャリーバックには大変手強いです。
フラットなアスファルトの上を引っ張るよりも3倍以上の力がいるような感じ。
この街は石畳の道だらけなので、腕が筋肉痛になってしまいました。
a0022762_215196.jpg
▲夜が明けました。こちらは市役所かな?不明です。

今日はほぼ丸1日かけて次の目的地であるフランスのニースへ移動なのですね。
a0022762_215790.jpg
▲昨日はあんなに賑わっていたのに、早朝だからか、ほとんど人がいません。土曜日というのもあるかも。
a0022762_2145196.jpg
▲マーストリヒトの街は、このマース川に分断されていて、いくつか橋が架かっています。
快晴だと、とてもキレイなのでしょうけど、あいにく霧が出ていてちょっと残念でした。
気温は氷点下にいくかいかないか位かな・・・かなり寒かったです。
a0022762_205225.jpg
▲朝8時半頃ですが、全然人がいません。朝はゆっくりなのかな。

また、コンビニのようなものもありません。案外生活出来るのだと思えました。
少なくともボクはそんなものなくったって、別に生活には支障はないです。
a0022762_20514887.jpg
▲マーストリヒト駅前。手前のすごく古そうな建物はホテルです。

今回のヨーロッパ出張で気付いたことは、古い建物がとても多いことでした。
日本とは、気候の違い、構造自体の違いもあるのでしょうけど、古いものを大切にする。
しかし、ただ大切にするのではなく、生活の中でその古いものをしっかりと使っていく・・・
こういう文化を、日本人も見習っていきたいなと思いました。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2011-03-31 20:57 | お出かけ | Comments(0)
2011年 03月 30日

B級アイドル?

芸能人サンのブログはほとんど見ないのですが、興味深かったのでUPします。

http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html

この人のこと、実は知りませんでした・・・汗
本当に中学生が書いた記事なのかな? なかなか鋭いです。

自分はこうしたい!という芯がブレていないこと、なによりも、内容が分かりやすいて良いです。

コメントは10000件以上(スゴイ)。ただ、論点からズレた指摘がかなり多いのですが・・・苦笑
(例えば、あなたはゲーノージンなのだからとか、被災地の人の気持ちを考えて書いてるのか等々)

ただ、原発のメリット・デメリットについてとか、これからのエネルギー問題のこと・・・など、
今まで考えたこともなかったような人たちが、考えるきっかけになっているように思われ、
環境問題好きオジンとしては、ヨシヨシと思っております。
[PR]

by nemujiro | 2011-03-30 08:15 | 日記・雑記帳 | Comments(2)
2011年 03月 29日

ヨーロッパ出張2011.3 ~マーストリヒト到着

震災に関連した気になる記事があり、とびとびになってしまっています・・・
この先も脱線すると思いますが、ボチボチとヨーロッパ出張の続きをUPしていきます。

ケルン中央駅からタリス(Thalys)という高速列車に乗り、ベルギーを通過して、この日の目的地マーストリヒトへ。
a0022762_4242535.jpg
▲リエージュ・ギユマン駅に到着。
ここで、タリスを降り、マーストリヒト行きのローカル列車へ乗り換えです。
a0022762_424831.jpg
▲駅名表示の下、細かく書かれているのが時刻表です。
知らない地名ばかりで、その上、フランス語で書かれているので読めません。。
a0022762_4235469.jpg
▲駅前広場から見た感じ。
この駅もドイツと同様改札口というものがないので、駅から出たり入ったり自由に出来ちゃいます。
a0022762_4233594.jpg
▲プラットホームは屋根ですっぽり覆われています。
今、建設中のJR大阪駅なんかよりも、この駅はずっとモダンで洗練されたデザインの駅だと思えました。
a0022762_4231753.jpg
▲駅の外に目をやると、道路工事中のところもありましたが、建物自体はかなり古いものが沢山残っていました。
a0022762_422541.jpg
▲乗り継ぎのマーストリヒト行きの電車がなかなか来ないなあと思っていたら、38分遅れになっていました。
そして、寒空の下、ブラブラして待って、そろそろ来るかなと思っていたら、突然、この行き先表示が消滅・・・汗

運休になってしまいました・・・怒。ストライキになったと思われます。
ヨーロッパではそれほど珍しいことではない様ですが・・・昼からお客さんと打ち合わせなので、ちょっと焦り。

駅の案内所に行くも、ほとんどフランス語で埒があかず。

すぐにタクシー乗り場に行き、マーストリヒトに連れて行ってくれる?と英語で言ったところ、OK!と。
英語が少し通じるようで・・・念のため、乗る前に値段交渉して、乗せて行ってもらいました。
a0022762_4185194.jpg
▲なんとか無事にオランダ南部の都市、マーストリヒトに到着。街並みが美しくて(ただし吸い殻などゴミ多い)癒されました。
予定通り、午後からのお客さんとの打ち合わせも無事終了。

こんな感じで序盤からトラブルに見舞われ、この先が思いやられるなぁと思ったのでした。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2011-03-29 22:07 | お出かけ | Comments(0)
2011年 03月 24日

原発はいらないのか

こんな記事を見ました。
a0022762_21273093.jpg

「東日本大震災を受けて、東京新聞は東京都内の有権者を対象に緊急世論調査を実施した。福島第一原発の事故について「非常に不安」55・3%、「ある程度は不安」32・8%と答え、「不安」が88・1%にのぼった。 
 「国内にある原発は今後、どうすべきだと思うか」と聞いたところ「運転しながら安全対策を強化していく」が56・2%と半数を超えた。「いったん止め、対応を検討する」は25・2%、「やめて、別の発電方法をとる」は14・1%だった。
 「非常に不安」と答えた人でみると「運転しながら安全対策」46・5%、「いったん止め」29・9%、「やめて、別の発電方法」19・9%だった。「ある程度は不安」という人では「運転しながら安全対策」65・3%、「いったん止め」22・3%、「やめて、別の発電方法」8・3%という割合。事故に不安を抱きながらも、原発に依存している現状を認識していることがうかがえた。」



率直な感想として、これって本当なのでしょうか。
原発怖いけど電気ないと困るしぃ~と半数以上の人が思っているのでしょうか。
この記事は、電気ないと困るでしょ~あなたたち~と言っているようにも思えます。

被災された当事者の方々は、地震で家を潰され、津波で流され、火災で焼かれました。
唯一残った土地も放射能に汚染され、住む場所も仕事も食べ物も全て奪われました。
そして、最後には風評被害です。

このような事態を引き起こす危険な技術に、この先も頼っていくというのでしょうか。

ただ、リスクマネージメントの観点から、原発を全部なくせ!、今すぐなくせ!とはボクは思っていません。
輸入に頼っている化石燃料も無くならないにせよ、今後のコストアップは避けられないでしょう。

でも、この先、新たに作るなんてのは、ボクには考えられません。
また、危険を承知で無理して使っていく必要はないと思っています。

夏の冷房需要などで、電気が足らないとか言ってきても、今まで何とかやってこれたし、
原発が爆発することもなかったから、面倒なモノに目を背けてきたように感じます。

エネルギーをあまり消費しないスリムな生活と、代替エネルギーの開発に
人、モノ、金を投下する時期なんじゃないかと思っております。

こんな記事もありました。参考までにのせておきます。

原発なんていらない
http://agora-web.jp/archives/1286945.html
[PR]

by nemujiro | 2011-03-24 21:44 | 日記・雑記帳 | Comments(2)
2011年 03月 22日

関東方面出張2011.3.22

今日は、関東のお客様からお呼び出しが掛かり、震災以降では初の関東方面出張でした。

東海道新幹線全く何もなく、とても順調に新横浜駅に到着しました。

新横浜駅に降りますと、駅構内が最低限の照明しか使われておらず、駅構内が暗かったです。

また、新横浜駅から乗車した横浜線の電車は、20分おきの減便。
そして、車内暖房はOFFにされているようで、電車内はかなり肌寒かったです。

八王子駅に着きますと、今度は計画停電のため、目的地である青梅線の小作駅まで
辿り着けないことが判明。

このことをお客様に携帯電話で相談したところ、お客様が立川駅まで来て下さいました。

関東の方々が、震災で影響を受けているほんの一部分だと思うのですが、肌で感じる1日でした。

※本当は万全を期して、関東に前日入りする予定だったのですが、読みの甘さで定評のある
 うちのボスがそこまでする必要なしと却下され、断念しました。
 結果的に、お客様も迷惑を被り、ボクも混乱に巻き込まれ、災難でした。
 やはり、考えが浅はかな人には気をつけねばなりません・・・汗。
a0022762_2262066.jpg
▲切符を途中キャンセル&経路変更してもらった証の紙。初めて見ました。
a0022762_2103758.jpg
▲照明が消された立川駅構内。

今日お会いしたお客様ですが、取引先の工場が津波の大きな被害を被り復旧の見通しが立たない。
そのため、我々に是非とも協力をお願いしたいとの申し出でした。

他社の不幸で舞い込んできた話で、なかなか複雑な心境ではありますが、被害のなかったエリアとして、
ここはやはり、精一杯期待に応えたいと思っております。
[PR]

by nemujiro | 2011-03-22 22:56 | お出かけ | Comments(0)
2011年 03月 21日

ヨーロッパ出張2011.3 ~ケルンまで

ヨーロッパ出張の続きを再開します。

ミュンヘン到着後は乗り継ぎ便でケルンへ移動しました。
a0022762_4112976.jpg
▲ミュンヘン空港ではアウディが展示されていました。
a0022762_4114336.jpg
▲こちらはA7。スタイリッシュ4ドアサルーン。
a0022762_4111352.jpg
▲ヨーロッパな感じの食事が並んでおりました。
a0022762_4105290.jpg
▲同じくミュンヘン空港のもう1台はA1。
実車を見るのは実はこれが初めてだったのですが、なかなか良い感じです。

しばしの待ち時間の後、空路ケルンへ・・・到着です。
ケルン空港から宿泊のホテルまでは鉄道移動。
a0022762_4103692.jpg
▲ケルン空港の最寄り駅はケルン・ボン空港駅(Bonn Flughafen)。
ヨーロッパは鉄道網が比較的充実していますので、今回の移動でも鉄道移動が主体になります。

自動券売機に最初少し戸惑いましたが、英語表示があったので。ここは何とかクリア。

また、ヨーロッパの鉄道はおおらかというか、無防備というか、改札などというものがありません。
プラットホームまで何のチェックもなく入れて、電車にも乗れて、降りたところにも改札はありません。
ただ、抜き打ち検札があって、この時に切符を持っていなかったら、罰金になるのだとか・・・
a0022762_4101122.jpg
▲21時34分発のケルン中心部行きの電車に乗車。
プラットホームが妙に長いのですが、来た電車は数量編成で超短ってちょっと焦る・・・汗汗

何とか無事にホテルに到着しましたが、この日はすっかり疲れてしまいました。
a0022762_495440.jpg
▲ホテルの朝食は生ハム、ソーセージ、チーズ(ただし僕はチーズはNG)・・・等々となかなか豪華。
特に、生ハム、サラミはとても美味しかったですね♪

この先、食事が順調に取れるかどうか分かりませんので、しっかりとお腹いっぱい頂きました。
a0022762_493813.jpg
▲あまりバランスの良くなさそうな食事ですが・・・食事の後、この日の訪問先に向けて出発しました。
a0022762_474875.jpg
▲早朝のケルン市内は人影はまばらですが、クルマ通りは結構多いです。
a0022762_491936.jpg
▲ケルン中央駅ではケルン大聖堂の雄大さに感動。
(あまりに大きすぎて写真に収まりきらず・・・)

この日は、ここケルン中央駅から、ベルギーを経て、オランダのマーストリヒトを目指します。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2011-03-21 13:36 | お出かけ | Comments(0)
2011年 03月 18日

原発災害に思う

原発の災害が起こってしまった。

国の原発政策、電力会社のオール電化推進には、前からこの拙ブログでも
少しは言ってきたと思うので、ここでは多くは述べないことにする。

昔のような、電気、ガス、灯油・・・の生活はそれだけで、有事にいろいろな手の打ちようがあるのだが、
エコエコ(エコロジーではない)と宣伝した結果出来てしまった世の中は、こんな時、とても不自由だ。

地震とそれによって引き起こされた津波による被害は想定外だったかもしれない。

ただ、もし想定外の事態が起きた場合には、とんでもない被害が起こる設備であることは、
誰もが知っており、想定内の出来事だ。
想定外のことがいとも簡単に起こるのが、この世の中であることは、また皆がよく知っている。

東京電力とこれに関わった原発関係企業は、何かあった時には、全てを投げ打ち、万事を尽くす。
(例え人命にかかわることであっても・・・)原発とはそういう設備だ。
事業を推進した責任のある立場として、これは当たり前のことなので、頑張ってもらうしかない。

ただ、現場の最前線で対応している皆さんは、まさに今、命を懸けて厳しい仕事に当たっている。
どのような思いで、対応作業をしているかを考えると、胸を締め付けられる思いがする。

決死の作業
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00701.htm?from=top

放射能が漂う中、いつ暴れ出すかも分からない原発を前に、一定時間のシフトを組み
粛々と作業(戦いと言っても良いだろう)を進めている。
後遺症が残る可能性は高く、死の危険もある。

Mr. ChildrenのHEROという歌の歌詞が頭に浮かんだ。
「例えば誰か一人の命と引き替えに世界を救えるとして・・・
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ。」

最前線の皆さんは名乗り出た"誰か"の覚悟で任務を遂行しているように思える。

東電の事故対応や計画停電について、一方向、一側面からの報道内容だけを見聞きして、
分かったような批判をする人の気持ちも分からなくはない。
しかし、いろいろな角度から事態を見て、冷静に現状把握するのが、大切だ。

報道には、「何が起きたか」という結果ではなく、「今、何が起きているのか」、
「これから何が起きようとしているのか」、正確な情報を提供して欲しいものだ。

下のリンク先にあるように、今、既に危機的な状況に足を踏み入れているのかもしれない。

破局は避けられるか
http://diamond.jp/articles/-/11514

今の状況を、僕は正確に判断出来る訳ではない。

いろいろな情報が飛び交う中、今、この日本国内で起きていることを
多面的に眺め、飛語流言に惑わされることなく、自分の身は自分で守る。

バカバカしい買い占め騒動や、チェーンメールには踊らされない。

冷静な判断で、今、出来ることを確実にこなしていくことが、
被害のなかった僕らの最低限の責務だろう。

不謹慎な発言があったならば、ご容赦頂きたいと思う。
[PR]

by nemujiro | 2011-03-18 07:26 | 日記・雑記帳 | Comments(0)
2011年 03月 13日

ヨーロッパ出張2011.3 ~ミュンヘン到着

3月頭からヨーロッパ方面へ出張に行っておりました。

その間、日本では未曾有の大惨事が発生し、ヨーロッパのTVニュースでも連日大々的に取り上げられていました。
訪問したお客様方からも、日本のことを大変心配してもらいました。

改めて、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

ボクの方はフライトの遅延、若干の交通機関の乱れもありましたが、先ほど、無事帰国しました。

まだ帰りの道中ですが、時差ぼけ頭で眠ってしまうと、とんでもないところに連れて行かれる
電車に乗っているので、眠気防止にアップしておきます。

まあ、個人的な備忘録ということでご理解下さい。
a0022762_13318.jpg
▲まずは、3/2の夕方・・・新幹線で東京へ。
約10日間の大移動・・・パソコン、カメラ、書類、お客さんへのお土産・・・なんやかやと大荷物です。
a0022762_1324325.jpg
▲今回、成田発の飛行機だったのですが、朝一に自宅を出れば何とか間に合うレベルでした。
ただ、何かトラブって、行けなくなった何て事態には絶対に避けなければならないので、
前日に関東入りし、ホテルに宿泊しました。

ちなみに、フライトの日の朝は雪で新幹線が少し遅れていましたので、やはり正解だったようです。
a0022762_1321625.jpg
▲フライト情報の表示。
これを見ると海外へ出発するのだなあと思えます。
a0022762_131856.jpg
▲ドイツのミュンヘン行きのANA207便。
a0022762_1313879.jpg
▲機内食を食べて、映画を見、ゴロゴロ寝て、少しだけ仕事をしている内に・・・
a0022762_1303274.jpg
▲ミュンヘン空港に到着。
初ヨーロッパ、ポルシェ、ライカの故郷ドイツに降り立ったのは、何とも感慨深いものがありました。

つづく
[PR]

by nemujiro | 2011-03-13 23:14 | お出かけ | Comments(0)
2011年 03月 05日

休憩中

a0022762_153407.jpg
つたない写真でありますが、場つなぎということで。。
[PR]

by nemujiro | 2011-03-05 15:04 | M8との日々 | Comments(2)