<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 29日

強力なアイテムを手に入れる!

注文していたこちら↓が届きました!
a0022762_2413915.jpg
↑この画像で中身が分かったあなたはかなりの通です。

ある意味、病気と言えるかもしれません。かなりヤバイです~。

ちなみにヒントは薪ストーブ生活にとっても便利なアイテムです。

a0022762_2444080.jpg
↑箱の中身の一部分をズームしてみました。木に焼き印が施されています。

この画像でピンと来たあなたは心の深層にこのような野蛮なものが刷り込まれていて、とても油断の出来ない状態であるといえます。今後、ディープな薪ストーブの世界に足を踏み入れる可能性が非常に高いと言えますので、十分な注意が必要です。

a0022762_246889.jpg
↑こちらを見て???のあなたは・・・普通の人です。今のところ全く問題ないでしょう。
でも今日これを見てしまったのは運の尽き・・・かも?

こちら、グレンスフォッシュ・ブルークス社の斧です。丸太を割って、薪ストーブの燃料となる薪をこれで作ります。ちなみにこちら我が家と同じスウェーデン製です。グレンスフォシュの薪割り斧には何種類かあって、僕がチョイスしたのはラージスプリッティングアックスというものです。

グレンスフォッシュ・ブルークス社のことをもっと知りたい方はこちら↓
http://www.firesidestove.com/item/maker.html
こちらの企業理念に惹かれたことも、この商品をチョイスした理由の一つです。

おまけ
a0022762_332678.jpg
↑随分暖かくなりましたが、今日も数時間焚いています。
相変わらず室内はとても快適です。

ところで、炎を見た目通りに写すのって、とても難しいです。
キレイに写すにはどうすればいいのでしょうね?
[PR]

by nemujiro | 2007-03-29 03:07 | 薪ストーブ | Comments(10)
2007年 03月 24日

1年目の薪ストーブ生活と薪事情

あちこちで春の足音が聞こえてくるようになりました。
薪ストーブ生活1年目の今シーズンも間もなく終わりを迎えようとしています。

そこで、1年目の感想を述べたいと思います。

まず、我が家は本物の高気密高断熱を誇る北欧住宅です。

よって、普通の日本家屋などと比較しますと、少し焚いてやるだけで、かなり暖かくなります。また、一度暖まると魔法瓶と形容されるその性能が暖気を逃がさないため、薪ストーブを連続運転する必要がありません(必要がなくても火見たさに焚きたくなるってのは、ここではおいといて下さい・・・)。よって、一般に市販されている薪束(5~6kg)が1日に1束あれば、家中どこもほぼ一定温度(だいたい22℃位です)で、家族全員が満足の出来る暖かさを得ることが出来ました。

今年は暖冬だったこともあり、先輩薪ストーブオーナーさんからは普段より焚く量が少なかった・・・という話が耳に入ってきています。ですから、普段とは状況が異なるのかもしれません。

次に燃料となる薪ですが、100%タダ(取りに行くガソリン代、原木を薪に加工する電気代などは除く)を当初から第一目標に掲げていましたが、近くで落ちているのを見つけて拾ってきたり、親戚や近所の方の協力もあり、順調に集まってきています。
a0022762_812571.jpg
↑こちら薪ストーブ導入時にゲットした70束。
1月中旬の我が家の薪棚の最初の状態です。
a0022762_813659.jpg
↑そしてこれが今現在。
撮影角度が違いますので分かりにくいですが、下に転がっている建築廃材は移動させていないので、これを目安に見てみますと・・・薪に加工したものは減っていますが、それ以上に玉切りしたものが増えちゃっています(笑)。
a0022762_813248.jpg
↑更に、先日は桜の小枝をメインに少し太めのものが軽トラ一杯分到着(汗)。
お花見シーズンを前に邪魔になったものを親戚の家の裏から引き上げてきました。これらは生木なので薪ストーブに入るサイズに短く切り、乾燥させるために積み上げて保管し、来年に備えます。

こんな感じで、タダでの薪調達が成功し、順調に薪ストーブライフを満喫することが出来ていますよ。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-24 08:31 | 薪ストーブ | Comments(6)
2007年 03月 21日

ポルシェ合同認定中古車フェアへ行ってきました。

少し遅くなりましたが・・・先週の土曜日はPの認定中古車フェアへ。

会場にはオ-プンから15分後くらい(10:15)に到着しましたが、既に986or987さんガレさんが到着されていました。僕と同じく、いつかはポルシェライフを夢見ている986or987さんには、「そんなに早く来るのは、今日買おうと思っている人だけですよ」と軽くツッコミを入れておきました。
a0022762_304957.jpg
↑会場はこんな感じ。
a0022762_30572.jpg
↑会場はこんな感じ(その2)。
出展車種構成は、今のポル中古車市場と同様に、996とボクスターがメインになっていました。その他はカイエンも10数台(?)、997は10台弱(?)、ケイマンは数台出ていました。また、空冷モデルも4台と、あとほとんど見ることのなくなったFRモデル(968)も1台ありました。

最近、僕が気になっているモデルを大紹介~。今買えるのならこのあたりがいいな~。
a0022762_313254.jpg
↑カレラ4S(996)。落ち着いたグレイメタのボディーカラー。内装はオーソドックスな黒。MTモデルです。
a0022762_314083.jpg
↑同じくカレラ4S(996)。白のボディーカラーはとても上品な感じです。ちなみに内装はボクスターレッドでこれがまたとても格好良かったですね~。こちらもMT。
a0022762_315667.jpg
↑カレラ4S(993)。フルエアロになっているので限定モデルかな?
こちら気付いたときには既に売約済。なお、この4Sを含めて今回出展されていた空冷モデル4台の内3台はオープンから1時間以内に売約済となっていました。空冷人気いまだ衰えずってところなのでしょうね。
a0022762_32620.jpg
↑911アニバーサリーエディション。
先の投稿でも取り上げました限定モデルです。丁度、実車を見ることが出来ました!
a0022762_322080.jpg
↑ノーマルカレラボディーに迫力の4Sバンパー、下げられた車高、そして、ポリッシュ仕上げのホイールががとてもカッコイイです。
a0022762_323136.jpg
↑テールパイプの形状も違いますね。う~欲しい・・・。
ただし、スタンダードの996モデルに値頃感が出ているのに対し、このモデルと前述の4Sというスペシャルモデルはまだまだ強気の価格設定です。となると・・・
a0022762_324280.jpg
↑997の初期モデルの方がお買い得だったりして、お金のある方には悩ましいところでしょう。

会場では986or987さんガレさんとお茶をしながら、しばしポルシェについての情報交換。とても楽しい時間を過ごすことが出来て良かったです!
[PR]

by nemujiro | 2007-03-21 03:38 | ポルシェとの密月 | Comments(10)
2007年 03月 17日

ポルシェ合同認定中古車フェア開催

この土日はポルシェ中古車の大イベントが大阪南港で開催されます。
a0022762_19766.jpg
a0022762_191428.gif
もちろん僕も行こうと思っています。

「全国のポルシェ正規販売店より集めた、選りすぐりのポルシェ認定中古車 約80台を展示。}

これだけ一度にたくさんのポルシェを見られる機会はなかなかないですね。

現在のポルシェ人気ですから、きっとたくさんの人が集まり、
そして、幸せなポルシェオーナーが誕生するんでしょうね~。いいな~。

僕はというと、今回は勉強のつもりで・・・いろいろ見てきたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-17 01:12 | ポルシェとの密月 | Comments(6)
2007年 03月 15日

ポルシェ911アニバーサリーエディション

ネット検索でポルシェの中古車検索をして、いろいろ勉強中です。

僕の一番好きな色はイエローですので、そのあたりを中心に検索してみます。しかし、やはり数が少ないので、中古車としてもあまり出回っていないです。例外は996GT3の後期型。こちらは比較的ヒットしていましたが、GT3に憧れはあるものの、価格面はもちろん、あまりに趣味性が強すぎて、僕には不向きでしょう。最近読んだ中古車選びの本に書いていたように、あまり色にはこだわらずに探した方が良いということなのでしょう。

そんな中、目にとまったポルシェはというと、こちらです↓黄色ではないですが。
a0022762_215834100.jpg
ポルシェ911アニバーサリーエディション。調べてみますと、1963年のフランクフルトショーでデビューした「ポルシェ911」の40周年記念の限定車で、1963台しか作られていないのだとか。

カレラ4Sと同じデザインのバンパーと、ワイドボディーではない方のカレラボディーとの組み合わせ。そして、その他、専用装備が特別な感じがします。実際の所、シルバーはあまりにありきたりで、僕的には嫌かも?と思っていましたが、なかなかどうして・・・落ち着いた雰囲気でかなり良いな~。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-15 22:27 | ポルシェとの密月 | Comments(6)
2007年 03月 10日

RUF CTR ブルー (SPARK) 

ルーフCTRと言えば、並み居る強豪を抑え、当時の世界最高速記録を塗り替えた伝説の1台であることはご承知の通りです。

一度、実物を見たことがあるのですが、今のクルマから見れば、非常にコンパクトです。そして、ぱっと見、普通のカレラとの違いがよく分かりません。そんな、オーラを全く感じさせないマシーンでした(ちゃんと見れば、それはスゴイクルマでした)。
a0022762_2463519.jpg
イエローバードという名の「黄色」のクルマが有名ですが、こちらはコバルトブルー。この色の実車の画像は見たことないですが、きっと実際にあったのでしょうね。とても綺麗なお色で、またも衝動買いしちゃいました。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-10 02:58 | ミニカー・カメラ・雑貨 | Comments(4)
2007年 03月 05日

ポルシェの中古車屋

環境問題に関心があるとか言いつつ、環境負荷が大きいスポーツカー(ポルシェ)に乗りたいという相反する夢を僕は持っています。

※画像は本文とは関係ありません。
a0022762_2335591.jpg

僕はこれまで中古車を購入した経験がありません。と言っても、新車が買えるほど家計に余裕があるという訳ではなく、たまたまそうだっただけです。

しかし、ポルシェほどの高級車になってきますと、新車での購入はかなり難しいです。ですから、中古車という選択をする方が、現実問題として夢の実現も早くなりそうなので、最近中古車屋さんに行くようになりました。なお、ここでいう中古車屋さんとは、正規ディーラーの中古車販売部門ではなく、ポルシェ専門店か、マニアックなクルマと共にポルシェも扱っているようなところです。

ですが、中古車屋さんというものに、どうも慣れることができません。

そこにある、そのクルマが商品であって、そのクルマが売れてしまえばそれでおしまい・・・。ですから、一度見てその場で即決するのが普通なのですかね。何度も見に行って、いろいろ話をして、時間をかけて決めたいタイプの自分には向いていないのかもしれません。

お店の人に対しても、気を遣ってしまい、1回行くと、その次は異常に敷居が高く感じてしまい、行きたくても続けてもう1回行こうという気持ちになれません。

別に何かがあったという訳ではありませんし、お店の人もあまり気にしていないのかもしれませんが、僕は何となく気になってます。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-05 23:30 | ポルシェとの密月 | Comments(14)
2007年 03月 04日

ミニチャンプス ポルシェ911GT3RS(2006)

またまた納車。
a0022762_23375794.jpg
スーパーなミニカーばかりが増えていきます・・・(汗)。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-04 23:50 | ミニカー・カメラ・雑貨 | Comments(4)
2007年 03月 03日

環境(+家計)にやさしい薪調達を目指し(その3)

先週の土曜日は、公園整備の過程で発生する伐採木の薪としてのリサイクル活用についての話をするため、地元の公園管理担当者の方とお会いしました。こちらは、山やキャンプ場もあるとても大きな公園で、学校の教育活動や企業の研修などでも使われているようなところです。

ここでは、公園管理で責任のある立場にある方と、実際に伐採現場で作業されている方の2名が約束の時間に待っていて下さいました。そして、公園管理と伐採木の現状を教えてもらいました。

最近、松食い虫の被害によって枯れた松が大量に出ていて、こちらは、年間2000本位を伐採しているそうです。これら伐採した松は、キャンプファイアー用の薪に加工して販売したり、ハイキング道の小橋や手すり等の材料としても活用しているとのことです。

しかし、大部分は産廃として廃棄処分されており、また一方では人手不足で山から下ろすこともままならず、野積みで放置しているケースも多いとのことでした。ここで、伐採後、植樹しているのか聞いてみましたが、これだけ伐採しても全く減らないので、勝手に生えてきているのだろうとのことでした。

残念ながら松は薪としては不向きであることをお話したところ、もちろんその他の木でも、例えばハイキング道で邪魔になった枝の剪定作業や、根が弱くなった桜の老木などの伐採も行っており、この時には大量に枝などが出て、処分するため4トントラックを1日5〜10往復させることもあるそうです。また、薪にならない枝分かれした部分とか長さが足りない部分は同じく廃棄処分しているとのことでした。

現状、リサイクルという観点では、園芸用の肥料として、落ち葉を公園利用の希望者の方に自由に持ち帰りいただく程度のことしかできていないと言われていました。僕的には、なんとも勿体ないなあというのが正直なところでした。

ただ、園内への一般車の通行などで他の来園者とのトラブルも心配されること、また公園内だけでは決められず、関係部門との調整が必要な部分も多くあるため、現状、不要物として置いてあったとしても、今の時点では自由に持ち帰っていただくというのは難しいとのことでした。

ただ、両氏は里山リサイクル活動という観点で、今回僕の方から提案させていただいた内容は積極的に取り組むべき課題と考えておられ、どのような方向で進めていくのが好ましいか、検討を続けているところであると言われていました。この点は希望が持てる部分であると思います。

そんな中、一つの方向性として、次のような提案をしていただきました。
こちらの公園では元来自然の中での教育を目的にしているので、その趣旨に添って、教育活動の一環として園内での活動をサポートする立場で参加してもらい、簡単な山仕事などをお手伝いしてもらうのはどうかとのことでした。その過程で、不要な木などを持ち帰っていただくという形であれば、話を進めやすいのではないかとのことでした。

この提案について、僕は、経験のある方の指導の元、ちょっとした山仕事をすることが出来るのであれば、個人的には是非やってみたいと伝えておきました。

その結果、近いうちに実際の作業を見せてもらうことになりました。

初めての取り組みですので、これがどのような方向に進むのか、未知ではありますが、今後も継続的にレポートしていきたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-03 17:07 | 薪ストーブ | Comments(4)
2007年 03月 03日

マツダK360

久々のチョロQの新作ネタ。
a0022762_14293578.jpg

軽三輪トラックといえば、ダイハツミゼットは名前だけならよく聞くのですが、こちらは全く知りませんでした。僕が生まれるずっと前にデビューしたクルマなので、実車も見たことがないような気もします。

「けさぶろう」などという名前で呼ばれているらしいです。

丸っこくて、とても可愛らしいです。
[PR]

by nemujiro | 2007-03-03 14:36 | ミニカー・カメラ・雑貨 | Comments(2)