<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

足場組み立て

足場組立工事は6/23に行っていた。
a0022762_16571072.jpg
全体像はこんな感じ。
a0022762_1657247.jpg
アップにするとこんな感じ。まあ普通の足場です。
a0022762_16573317.jpg
足場組みをしてある現場で「ビケ足場」という看板をたびたび見かけるが、これは必ず掲示しないといけないのかな?義弟の現場でも見かけましたので・・・。

現在の現場の状況であるが、パネル立ち上げが完了し、すっかり家の形になっている。今日明日と屋根工事を行う模様で、土曜日は上棟確認を行う予定である。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-30 17:06 | RFS建築日記 | Comments(3)
2005年 06月 29日

枠組解体・土間コンクリート打設

6/13の基礎立ち上がり型枠への生コン打設から5日後の6/18に型枠が解体された。
a0022762_2224063.jpg
完成後の様子がこれ。
a0022762_22241355.jpg
念願のガレージは床部分のみであるが、ここにきてようやく姿を現した。思っていたよりも広く感じ、なかなか満足だ。妻は想像以上の広さに愕然としていたようだ。まあよいではないか!
a0022762_22243169.jpg
玄関のたたき部分は基礎が完成した後から新たにコンクリート流し込みをしていた。
a0022762_22244241.jpg
ここで基礎厚みチェック!ほとんどの場所が15cmになっていた。何故そうなっているのかは分からないが、ごく一部12cmのところと17cmのところがあった。
a0022762_2225661.jpg
玄関の土間部分も新たにコンクリート流し込みしていた。水色の部分は断熱材。土間の部分はあとから施工できないので所定の大きさに切ったものを先にセットしてからコンクリート流し込みをするとのこと。
a0022762_22251730.jpg
水道関連の工事も完了。

なお、これらの工事は、型枠解体が6/18、玄関タタキと土間工事が6/19、水道工事が6/20に行われた。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-29 22:41 | RFS建築日記 | Comments(2)
2005年 06月 28日

基礎立ち上がり型枠組み

ベタ基礎完成後は基礎立ち上がり部分の工事である。
a0022762_12454337.jpg
基礎配筋に沿って基礎立ち上がり型枠を組み立てていく。
a0022762_1245508.jpg
間取りに合わせて組み立てていくので、実際の間取りが理解しやすくなってきた。
a0022762_12455646.jpg
間取りが複雑なところも、こんな感じに組み立てられている。
a0022762_12461063.jpg
コンクリート流し込みは基礎コンクリート打設のときと同じような方法で行われていた。
a0022762_12462586.jpg
流し込みが完了した部分のアップ画像。基礎と建物をつなぐアンカーボルトという金物が固定されている。
a0022762_12464213.jpg
別の角度から見るとこんな感じ。
a0022762_12465168.jpg
この状態でまたまた数日間の乾かしである。

なお、この工事、立ち上がり型枠組みは6/10、生コン流し込みは6/13だった。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-28 13:04 | RFS建築日記 | Comments(2)
2005年 06月 28日

パネル立ち上げ前夜

明日の6/28の朝(日付が変わったので正確には今日)からパネル立ち上げ工事が始まる。1日目は1階まで、2日目には2階という予定で工事を進めるとのこと。6/28は幸い休暇を取ることが出来、パネル工事の状況をじっくり見学したいと思っている。
予報では若干天気が下り坂とのことである。水不足が深刻な地域の方には誠に申し訳ないが、この2日間だけは何とかよい天気が続いて欲しい。
なお、今後の予定であるが、晴天続きのおかげで工事が予定よりも早く進んでおり、今週土曜日に上棟確認を行うことになるかもしれないとのこと。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-28 00:00 | RFS建築日記 | Comments(0)
2005年 06月 27日

基礎コンクリート打設

建築現場が遠方のため、月に1、2回程度しか現場を見に行く事が出来ないが、その間も工事はしっかり進んでいる。先週金曜日から大工工事がスタートしたが、それまでの画像は義父がしっかり撮ってくれているので、順次アップしていきたいと思う。今日は我が家の基礎コンクリート流し込み工事がどのように行われていたか紹介したい。
a0022762_2302547.jpg
画像右に見えている斜めのスロープ状のものはコンクリートミキサー車の流し出し口である。生コンはまず箱状のものに流し込まれる。
a0022762_2304156.jpg
生コン入りのボックスはクレーンに引き上げられ、このように作業者によって基礎配筋上に流し込まれる。これを何度も繰り返す。
a0022762_231011.jpg
出来上がった基礎はこんな感じ。
a0022762_2311340.jpg
配管類はもちろん生コン打設をする前に終わらせてある。
a0022762_2313091.jpg
コテでキレイに平らにされている。これで数日間乾かし作業に入る。
a0022762_1233057.jpg
数日後、型枠が外され、基礎が姿を現した。
a0022762_12332517.jpg
玄関側から見るとこんな感じ。良い基礎が出来たように思う。ここまでが6/9までの工事である。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-27 23:21 | RFS建築日記 | Comments(0)
2005年 06月 27日

6/5東京遠征写真蔵 RFS幕張モデルハウス

RFS幕張モデルハウスのスタッフの皆さんのご好意で写真を撮らせていただきましたものを紹介します。
a0022762_054411.jpg
おなじみの外観です。この色使いは結構好きです。正面から見て右手がビルトインガレージ部になっています。おー、ytakahashi2000さんのクルマが光っていてカッコいいです。
a0022762_0545438.jpg
幕張モデルハウスの隠れた(?)見どころの木製ガレージドアです。閉まっている時、中から見るとこんな感じ。オーバースライダーという方式のガレージドアでドアパネルが天井にすり上がって開閉します。
a0022762_055359.jpg
電動オープナーのユニットがこのように天井にセットされます。
a0022762_0551368.jpg
暗くて分かりにくいですが、開いた状態はこんな感じ。開いた状態ではドアパネルが天井に収まるので、この収まる部分に照明をつけた場合、当然のごとくパネルが邪魔をして照明が全く機能しなくなります。十分注意してくださいとのこと。意外と盲点ですね。なるほど~。
a0022762_0552683.jpg
幕張モデルハウスの見どころの一つ、新調されたばかりのHTHキッチンです。洗練された北欧デザインはとにかくすばらしい!の一言に尽きます。
a0022762_0553693.jpg
正面からも。チェアもおしゃれですね。

RFS幕張MHスタッフの皆様、ありがとうございました。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-27 01:17 | RFSニュース・イベント | Comments(4)
2005年 06月 26日

シャングリラさんご夫妻とプチオフ

昨日はシャングリ・ラさん・がらしゃさんご夫妻が滋賀県におけるRFSの建築を見学するため、我が建築地に遠路はるばるおいで下さった。

待ち合わせ場所では既にご夫妻が到着しており、氏がお乗りになっているブルーメタリックのAudi A4がすぐに目にとまった。ピカピカに磨き上げられ、とても綺麗なクルマで、RFSを縁に知り合った皆さん同様、やはりある種モノに対する拘りのある方ということが伝わってきた。

まずは昨年RFSにご入居され、僕もハウスメーカー検討段階で建築中と完成直後の2回に渡って内覧させて頂いたオーナーさん邸を訪問した。このお家、とにかく凄いお家でして、シャングリ・ラさん・がらしゃさんご夫妻は最初かなり驚かれているように見受けられたが、オーナーご夫妻のお人柄にすぐリラックスして頂けたように思う。
この日、オーナーさん宅はアメリカから留学生がお越しで、このようなお忙しい状況の中で、押しかけてしまったのだが、長時間に渡ってRFSのこと、間取りや収納のポイントなど家造りに関して、親切かつ的確なご意見を頂き、僕もいろいろ勉強になった。

次に向かった先は我が建築地である。折しもこの日は大工工事が始まったところで、普段ではタイミング的になかなか見ることが出来ない基礎+根太木部分の工事状況を観察することが出来た。照りつける太陽は夏のような日差しで、じっと立っているのが辛いくらいだったが、ご夫妻はとても熱心にご覧になっていた。あいにくお昼休み中で作業の方までは見ることが出来なかったが、参考になったことと思う。

その後は近所のファミレスで情報交換会。上品なお二人は普段あまり行くことがない場かも?などと感じつつも、長話が許される場所なので、ココを選んだ訳だ。本当にいろいろな話をして、とても楽しい時間を過ごせた。本当にあっという間に時間が経ってしまった。話の中では僭越ながら、我が家の土地探しの苦労談とか、こうすることで巧くいったなどのポイントをご指南させて頂いたが、人それぞれの希望する条件というのは十人十色であり、どこまで参考になったか分からないが、とても熱心に聞いていたお二人の姿はとても印象的だった。

今後、家造りをスタートさせるお二人にRFSとのご縁があるかどうかは分からないが、どちらにせよ、我が家や他のRFS仲間の皆様のように、楽しみながら家造りが進められればよいなあと思っている。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-26 21:59 | つどい | Comments(2)
2005年 06月 25日

プチオフ

本日は新築検討中でRFSに大変興味を持っておられるシャングリ・ラさんが、遠路はるばる我が建築地の見学に来て頂けることになりました。関西方面RFSでは初めての記念すべき第一回オフで、コレを足がかりにユーザーネットワークを広げられれば良いなと思っています。シャングリ・ラさんには、RFSを気に入って、喜んで帰って頂けるよう、精一杯頑張りたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-25 07:51 | つどい | Comments(4)
2005年 06月 24日

6/5東京遠征写真蔵 ガレージゾーン

デジカメを建築現場駐在員の義父に預ける際、ドジなことに画像まで置いてきてしまい、画像のアップが出来ていなかった。ようやく手元に戻ったので、遅くなったがアップしたいと思う。
a0022762_6413945.jpg
レムコというメーカーのガレージドア。結構好きな色である。このようなデザインであるのも関わらず、オーバースライダーである。
a0022762_6414624.jpg
同じくレムコのスチールレイズドという商品。同社ではコレがもっともリーズナブルなドアという位置付けであるとのこと。額縁状のデザインが重厚なテイストを醸しだし、なかなか良い雰囲気だ。
a0022762_6415377.jpg
他にこんなショップも。ガレージに飾るポスター類を扱っていた。今後、こんなのも買えたらいいな。
a0022762_642043.jpg
ブリキの看板類である。画像中央上部の「911 PARKING ONLY」を買うかどうか真剣に悩んだが、飾れる日がいつになるやら分からないのでパスした。ちなみに1枚4000円也。
a0022762_642862.jpg
三和シヤッターのCandyという額縁タイプのオーバースライダー。この商品、本イベント限定キャンペーン価格での販売をやっていて、とにかく安かった。そこで、いったん契約して帰ってきたのだが、結局、本品は規格サイズで開口部のサイズが合わず(ガレージの高さが足りない)、採用には至らなかった。見た目の質感かなり良いものであっただけに残念である。
a0022762_6421631.jpg
僕が現在採用予定Woodyというオーバースライダー。価格が安いのがポイント。ただし実際に見たところ、質感は価格相応というところか。ガレージドアは家の一番目立つところに鎮座し、家の印象を大いに左右するので、見た目がかなり重要であると考えている。良いものを色々見てしまったあとで、かなり悩んでしまっている。
a0022762_642278.jpg
ガレージの内装材の展示。取り扱いは三忠商事という会社。見た目は木にしか見えないが、実は樹脂である(正確には木くずを練り込んだ樹脂)。見た目が非常にきれいで、価格もお手ごろ、取付も簡単とのことで結構気に入っている。
a0022762_6423877.jpg
こんな風にフックを引っかけて、モノを飾ったり出来る。
a0022762_6424696.jpg
ニドコ(日本ドアコーポレーション)の木製ガレージドア。我が家のテイストには合わないが、こんなデザインもあるのだな~。
a0022762_6425271.jpg
これも額縁タイプスチールドア。電動開閉ユニットの展示だったと思う。

このイベントでいろいろ良いものを見てしまい、実はガレージドア選定は白紙に戻ってしまった。もう少し、じっくりと見た目/価格とを精査し、本当に気に入ったモノを入れたいと思っている。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-24 23:58 | お出かけ | Comments(2)
2005年 06月 22日

浴室

a0022762_22141534.jpg
我が家の仕様紹介。浴室はRFSで最も標準的に使われているINAXのi-bath2003というシステムバスを選択しました。スタンダードのFRP浴槽からエセンヌ・グラニットという人造大理石のものに変更しました(定価ベースで80,000円のアップ也)。

INAXでは最近「プレシオ」という新製品が発売され、こいつはi-bath2003にも装備されていたサーモフロア(冷たくない床)に加えて、 i-bath2003にはないサーモバス(温度が下がりにくい浴槽)が付いています。仕事帰りが遅い僕にとっては、冬場冷たい風呂に我慢しなくても良くなるので、なんとも心惹かれるものがありました。しかし価格もアップする様ですしRFSであれば家全体が断熱されているから、風呂の湯も冷めにくいだろうと勝手に納得してそのままにしました。
[PR]

by nemujiro | 2005-06-22 22:31 | RFS建築日記 | Comments(10)