<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

ガレージドア

ガレージドアはいろいろ悩んだが、三和シャッターのウッディに決定した。これは扉が上方向に開いて天井に収納されるオーバースライダーというタイプのもの。メーカーHPから拝借してきた画像はこちら。
a0022762_2334242.jpg
表面のパネルを木目調に塗装してあるスチール製。本物の木製ドアの質感にはとても魅力を感じていたが、実際にはコストやメンテナンスの問題から採用には到らなかった。とはいえ、このウッディは通常のスチールシャッターと比べて、遥かに上質な感じで十分な雰囲気を持ち合わせているのではないかと期待している。
また、電動リモコンも標準装備。これで雨の日のクルマでの帰宅も全く濡れずに家に滑り込めるようになる。現在の自宅から離れた駐車場での青空駐車から、一気に夢の生活がスタートする。想像するだけで顔が緩む訳である・・・。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-30 23:50 | ガレージライフ | Comments(2)
2005年 04月 24日

ハリアー ハイブリッド

a0022762_21381211.jpg
新聞折り込みチラシに「試乗出来ます」の文字を見つけたので、久々にトヨタディーラーを訪問した。僕はこの手のクルマはあまり好みではないが、実はコイツ、自分の仕事に関わりのあるクルマでして、そういう意味で関心を持っている。また、何よりコイツはかなり速いクルマで、そういうのは大好きなので乗ってみたいと考えていた訳である。

まず、展示車をひととおり見学するが、特に何も感じない。やはり運転してみないと分からないなーということで、試乗できるかを尋ねるが、「試乗車はナイ」とのお返事。チラシ見てわざわざ来ているんだから、ウソ書いてはイカンよと軽く切れそうになったが、大人げないので止めた。

それよりも気になったのは案内してくれた営業マン。「加速性能がポルシェのカイエンV8 4.5Lと同レベルであるらしいです」とか、「このクラスでは燃費はかなり良いみたいです」とか、カー雑誌で幾らでも集められるような程度の説明しか出来ていなかったこと。クルマに特に興味も持っていない様に感じた。また、聞くと彼はこのクルマを営業所の中を少し動かしただけとのことで、走りは分からないと言い切った。正直であることは評価してあげても良いが、運転した事もない人間がそのクルマの良さをどこまで語れるのか甚だ疑問である。好調トヨタは放っておいてもクルマが売れるから、営業マンは頭数さえあれば良いという事だろうか?。行くかどうかは分からないが、もし今度行く時には別の営業所を探して行くことにしよう。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-24 22:45 | 自動車 | Comments(7)
2005年 04月 24日

外壁材

外壁材は東レ完壁(KANPEKI)タテスリーライン16を選択した。色はRFSオリジナルで神戸モデルハウスに使われているのと同じ白系のもの。画像は別のものになるが、比較的似たような雰囲気のアーバンベージュ色。
a0022762_8574571.jpg
RFSで標準的に使われている外壁材で、多数採用されているそうだ。価格は定価で3,920円/m2(工賃別途)と結構リーズナブルである。塗り壁の見積もりも別途頂戴していたのだが、タテスリーライン16の方が圧倒的に安かった。 

難点は色の種類だと思う。標準色としては紹介したアーバンベージュ、マイルドブラウン、アンティークグリーン、ライトマスタードの4種類しかないこと。実はライトマスタードは結構気に入っていたが、最終的には無難なセンで落ち着いたという感じかな。もう少し中間的な色合いのものがあれば、バッチリだったのになあと思っている。まあ、嫌だったら自分でペンキ塗りしようと思っている(かなりデカイ梯子購入予定)。

なお、部分的に使うかどうか悩んでいるタイル調の外壁材(ロイヤルメキシもしくは他のもの)はコストの問題でまだ決まっていない。決定後また報告する予定である。

東レ外壁材完壁  http://www.toray-ace.com/kanpeki/
[PR]

by nemujiro | 2005-04-24 09:26 | RFS建築日記 | Comments(0)
2005年 04月 22日

屋根材

我が家の仕様を順に紹介するシリーズの今回は屋根材。野安製瓦の陶器瓦「セラマウント」シリーズを選択した。
a0022762_22401648.jpg
色は「バーニングレッド」というもので、つや消しの赤茶色という感じ。

ちなみに、この瓦の施工例はこちら。
a0022762_2233858.jpg
RFS仙台モデルハウスである(よく見るとセルコホームの旗が立っている。何で?)。白い外壁と木製窓枠にとってもマッチしそうである。

野安製瓦  http://www.noyasu.com/
[PR]

by nemujiro | 2005-04-22 22:45 | RFS建築日記 | Comments(4)
2005年 04月 21日

玄関ドア決定

悩んでいた玄関ドアの方、ようやく決定した。これにて外部建具(トップターン窓&玄関ドア)の発注が完了!。輸入で一番時間のかかる部分をクリアし、建築計画一歩前進である。画像がそのドア。
a0022762_12563290.jpg
RFS神戸で標準的に使われているデザイナドア社というメーカーのもので、僕が選んだこのドアは「Osby」という商品名のもの。

デザイナドア社 http://www.designadoors.se/

ドアの窓がやや小ぶりであるが、これはデザイン性とか採光性よりも、窓を割られても鍵を回すのにかなり手を伸ばさないといけないだろう(?)という防犯上の理由からの選択である。結局コストの壁により第一希望のものは断念する事になったが、決定したものは非常にシンプルで飽きのこないデザインで結構気に入っている。実物を見るのが今から楽しみだ。

我が家の仕様を順に紹介していきたいと思う。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-21 13:08 | RFS建築日記 | Comments(0)
2005年 04月 13日

ニューBMW3シリーズ

a0022762_23305251.jpg
ついに日本でも発表された新しいBMW3シリーズ。 世話になっているBMWディーラーでは今日4/13から早くも展示車が見られるようで、即席で作ったDMが既に我が家にも届いている。同モデルに対し、BMWが相当気合いを入れているということだろう。一方、これで僕の318iは先代モデルと呼ばれるようになるのだが、どちらかというと新型は全く別のクルマという印象である。

Cセグメントのお手本カーとして、常に時代のトップクラスの評価を見せつけていた3シリーズは、新型でもカー雑誌などの評価ではとにかく絶賛されているようだ。ただ、まだ走らせていない一般人からはその外見からくる印象のみでの評価にはなるのだが、 特にその大きさに対する批判はそこかしこで見かける。「大きくなり過ぎてもはや3シリーズではない」と。

初めて実車写真を見た時の印象は、良く言えば「落ち着いている」、悪く言えば「若々しさがなくなった」というイメージを僕は持った。多くの一般人同様はっきり言って良い印象はない。でもそこはBMW、運転すればまた全く違った表情を見せてくれるに違いないと思っている。早く運転したいものである。あと、自分が乗っているということもあるのだが、以前のM-Sportsのようなスポーツモデルの早い登場に期待したい。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-13 23:29 | 自動車 | Comments(6)
2005年 04月 10日

家具のこと

約1週間ぶりの更新。新築の計画の方、特に進展はない。たぶん今は最終決定図面および詳細見積もりの作成、あとカーテン、壁紙等のインテリアコーディネートのプレゼン用資料作成等をやっていただいていることと思う。担当者様、頑張ってくださいまし。

今日は新居に置く家具について考えてみたい。新築をすると、前の家で使っていものが新しい家のテイストに合わないとか、新しいお家に生活感たっぷりの古いものはちょっと・・・ということで悩んでいる人はとても多いと思う。これらを全て処分し、新しいモノを買い揃えられるというリッチな方には関係のない話であるが、我が家の場合はもちろんそのまま持ち越し組である。

我が家の家具は下の画像と同じもの。
a0022762_1822119.jpg
コスガという有名メーカーのプロバンスシリーズという家具である。残念ながら既に絶版となった家具であるが、フレンチカントリー風テイストというものらしい。妻がとにかく気に入って、結婚と同時に食器棚、ダイニングテーブル、ローチェストと買い揃えた。材質はパイン材であり、時間の経過と共に飴色に変化し、非常に良い味が出てきている。ダイニングテーブルに至っては、毎日使うものであり無数の傷がついているが、この傷一つ一つが我が家の歴史とも言える。

今でも結構気に入っている家具たちであるので、是非とも使って行きたいと考えている。しかし、僕たちも歳がそれなりになってきたので、もう少しシンプルで落ち着いたイメージでインテリアを組み立てて行きたいと考えている。

「スカンジナビアスタイル」、「北欧スタイル」などの雑誌に掲載されている本国のお家ではシンプルモダンな中に、アクセントの様に置かれたアンティーク家具がとても部屋にマッチしているものを多く見かける。我が家もこんな風にできればなどと考えているが、そんなセンスの良さは当然持ち合わせていない訳で、この辺のところ、インテリアコーディネーターさんが大いに活躍していただけることを非常に期待している。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-10 18:26 | RFS建築日記 | Comments(2)
2005年 04月 04日

そろそろ外構を考えよう

建物本体のことはほぼ決まりました。そろそろ外構のことを考えていこうと思います。そこで神戸展示場で僕の好みに合う外構を写真におさめてきました。
a0022762_218294.jpg
背の高い木の周りに、背の低い草花が植わっているこういう感じに出来たらいいなと考えています。道路と庭に段差がなくほぼフラットな感じになっています。こういうのって難易度高いのかな。植木のことも草花のことをあまり知らない僕には難しいかもしれません。
a0022762_218989.jpg
別の角度から、上の写真と同じモデルハウスの外構です。フェンスとか外灯とかの飾りはあまりやらないつもり(お金がないので)。
a0022762_2181744.jpg
背の高い木をコニファーにしてみるのも良い感じです。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-04 21:19 | ガーデニング | Comments(0)
2005年 04月 04日

私の家づくり No.50

a0022762_164771.jpg
ロイヤルフォートスウェーデン掲載誌の紹介。主婦と生活社「私の家づくり No.50」です。この雑誌の「エクステリア特集 住まいの外観診断 玄関と外まわりの気持ちいい家アイデア50」の方に、RFSのHPにも掲載されている千葉のMさん邸が掲載されています(ただし、記事のどこにもRFSとは書いていない)。外構に注目した特集記事なので、家のことはあまり書かれていないのですが、こちらの外構はオーナーさんのセンスの良さがとにかく輝いていましたよ。これから外構検討される方など、是非チェックしましょう!なお、価格は1638円。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-04 02:07 | RFS掲載誌 | Comments(0)
2005年 04月 03日

RFS打合せ(2005.4.3)

この日曜日も神戸モデルハウスにて打合せ。カーテン&照明を除いてほぼ決定してきました。照明は第一回目の提案を受けて持ち帰っています。

今日の打合せの一番の懸案であった外観、壁紙についてのお話。
外壁はタテスリーライン(サイディング)のアーバンベージュ色(ホワイト)、屋根はセラマウント(陶器瓦)のバーニングレッドにしました。長期的に見て飽きのこない非常にオーソドックスな感じの仕上がりになったかと思います。
外観は僕主導で話を進めておりましたので、実はもう少し目立つ感じにしたいという考えもありました。しかし、ただでさえ目立つ家なのに(我が家の周囲はシックな色目のお家ばかりなので・・・)、これ以上目立ってどないするんという妻の一言でコレに落ち着きました。気に入ってないという訳ではないが、サイディングは選べる色数があまりに少なすぎるのでは?。4色から選びなさいというのはキツイっす。

あと壁紙。こちらは妻に100%お任せ。というのも、こんなこと言ってはいけないが、僕は全く興味なかったから。元々拘りのない妻はココでもその手腕をいかんなく発揮。全部屋決めるのに1時間も掛かっていません(もちろん自宅での下調べはして打合せに臨んでいます)。思った以上にあっさり決まって拍子抜けするくらいでした。ここまで拘りがないのも見ていて逆に気持ちが良い・・・僕とは正反対の人間です。設計さん&営業さんに時間掛けてさんざん迷惑掛けた分、少しはお返しできたカナ?

フローリングはバーチのオイル仕上げに決定。RFS神戸モデルハウスの3階に使われているモノと同じです。僕自ら裸足になってモデルハウス中を徘徊し、足に伝わる感触を確認しました。肌触りがとてもよいのですよ、コレが。少し心配なのは、キッチンの扉とのマッチング。扉の色がバーチの色ととてもよく似た感じなので、折角のキッチンが空間に溶け込んじゃう様な気がします。

今回の打合せ結果を基に、トップターン窓&玄関ドアの発注、建築確認申請の準備を行っていくとのことです。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-03 23:36 | RFS建築日記 | Comments(0)