<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 31日

RFS大阪モデルハウス訪問(その3)

昨日に引き続き、RFS大阪モデルハウスの全貌を明らかにしたいと思います。
a0022762_12123419.jpg
玄関入ってすぐがリビングになっているのですが、このリビングから撮ったのがこの画像です。手前がダイニングで奥がキッチンになっています。このダイニングの上部が3階までの吹き抜けになっているのですが、そちらはまた次回紹介します。
a0022762_12124639.jpg
キッチンはアイランドタイプとI型を組み合わせたものです。デンマーク製だそうです(メーカー名は忘れました。聞いたことのない名前でした。)。右手奥はバーコーナーになっています。
a0022762_1213188.jpg
反対側から見るとこんな感じ。I型キッチンです。落ち着いた色合いの面材です。シンクはこちらに付いています。
a0022762_12131416.jpg
バーコーナーからダイニング、リビングの方を見たらこんな感じです。
a0022762_12132559.jpg
既にお気づきの方もおられるかもしれませんが、天井照明にはシャンデリアによく付いている、あのクリスタルを無数に吊り下げてデザインされています。人それぞれ好みがありますから特に何も言いませんが、これまでのRFSとはまたちょっと違うかなという感じがしました。ん、あれ?誰か写っているぞ。(つづく)
[PR]

by nemujiro | 2005-01-31 23:05 | RFSニュース・イベント | Comments(4)
2005年 01月 30日

RFS大阪モデルハウス訪問(その2・室内)

最近Blogネタ不足なので小出しにしようかと思っていましたが、みなさんとても楽しみにしておられるようですし、ストレスためさせちゃうのもどうかと思い、「その2・室内編」を急いで作っちゃいました。僕の掲載に触発されてRFSに先を越されるのもシャクなので(まあそんなことはないとは思いますが・・・(寒))早速UPしたいと思います。なお、僕の使っているデジカメは広角側が非常に弱いので、部屋を広く写すことが出来ず(腕も悪いし)写真はイマイチだと思われます。このあたりご了承下さい。

さて、僕が外観図面の時点からずっと気になっていた正面の小窓の内側は、こんな風になっていました。
a0022762_12232025.jpg
これは2階から見た絵です。螺旋階段になっていて、手すり下部はガラス張りです。照明はSNOW BALLが付いていますねー。外からの光が四角になって床、壁を照らしてきれいです。
a0022762_12233269.jpg
下から見上げるとこんな感じ。やっぱり、SNOW BALLは存在感があって良いです。

そして、驚愕のバスルーム。
a0022762_12234591.jpg
神戸モデルハウスのも凄かったですが、ここはさらに凄いです。間取り図面を見ていただければ分かると思いますがかなり広いスペースを取っています。天井にはプロジェクターが設置されており、壁をスクリーンにして風呂に入りながら映画上映が可能です。浴槽周囲の白い部分には照明が埋め込まれていて点灯するとムーディーな感じになりますが、お湯を入れると感電するかもしれません。

こんな感じで内部は外観以上にすごいことになっていました。

まだ画像はありますが、今日はこの辺で勘弁してね。(つづく)
[PR]

by nemujiro | 2005-01-30 22:41 | RFSニュース・イベント | Comments(0)
2005年 01月 30日

RFS大阪モデルハウス訪問(その1・外観)

今日、RFS大阪モデルハウスがグランドオープンとなりましたので、早速行って来ました。写真もたくさん撮ってきましたので、早速紹介したいと思います。しかし、一度に出しきれませんので、数日に分けて紹介したいと思います(最近ネタ不足というのも理由の一つなのですが・・・)。相変わらずRFSよりも早い大阪MH情報です。1/19の記事に間取り図面がありますのであわせてご覧下さい。

外観はこんな感じ。
a0022762_20421319.jpg
外壁はロイヤルメキシとサイディングです。屋根はつや消し赤茶色の陶器瓦です。煙突はダミーの飾り煙突です。特徴的な小窓は特注サイズのFIX窓です。この小窓の部分の室内側は螺旋階段になっていて、ソフトな光が室内に入ってきて、なかなかきれいでしたね。RFSお得意の八角形(?)の建築造形は3個合体しています。外構は工事中ですが、完成すればより素敵なものになることでしょう。

現地到着ですが、午前中に用事があったため15時でした。中に入ったときには1〜2組の方が見学されてたように思います。そして一通り見せてもらった後に詳細打ち合わせをしました。幸い時間が遅かったせいか混雑もなかったので、予定では外で打ち合わせという話でしたが、オープンしたてのモデルハウスで行うことになりました。

打ち合わせが終わって帰るときに撮った写真がこちらです。外は暗くなり始めていましたので、うまい具合に夜の表情を撮ることが出来ました。
a0022762_20425035.jpg
現実離れした、すごいモデルハウスでしたよ。(つづく)
[PR]

by nemujiro | 2005-01-30 21:27 | RFSニュース・イベント | Comments(3)
2005年 01月 29日

薪ストーブ

薪ストーブ、見に行ってしまいました。キッチンも不確定ですし、もう予算がないのに・・・。僕はもともと物欲のかたまりに足が生えて歩いているようなものですから。ひとたび気になりだしたらもう止まりません。ずっと前から気にはなっていたのです。きっかけはフジテレビ木曜日22時からのドラマ「優しい時間」です。「北の国から」の倉本聰氏の作品で、寺尾聡扮する喫茶店のマスターとお客さんたちが薪ストーブの火を眺めながら、スローな時間を過ごしています。そのシチュエーションにすっかりまいってしまいました。でも僕はそんなのんびりした性格でもないんですけどねえ。

そして今日、京都市内にある薪ストーブ専門店「京阪エンジニアリング」へ見に行きました。店内には薪ストーブが何台も展示してあり、そのいくつかは実際に火が付いていました。今日は気候が良かったせいもあり、店内は汗ばむほどの暑さでした。とはいえ、これだけ温度が上がるのであれば高性能のRFSであれば、おそらく暑くなりすぎるだろうなと思いました。しかし、揺らめく火を眺めるのは時間が経つのを忘れさせ、なんとも心地よいものを感じました。

また、店内では薪ストーブでパンを焼いていて、その焼きたてパンを試食させてくれました。パン好き、料理好きの妻はこれでトドメを刺されたようで、かなり気に入ってしまっていました。でもとりあえずは、建築の計画変更、追加工事などで、あとどれほどお金がかかるか分かりませんのでひとまず保留にするつもりです。後付けでも十分対処できるものですし。何かと手間・コストのかかる薪ストーブですが、それらを差し引いても非常に魅力的に思えました。 
a0022762_23503453.jpg

[PR]

by nemujiro | 2005-01-29 23:55 | 薪ストーブ | Comments(0)
2005年 01月 28日

キッチンプランその2(トーヨーキッチン)

提案してもらったキッチンプランの二つめ。トーヨーキッチンです。こちらの展示場で見たキッチンはステンレスを随所に使用したクールデザインのものが多く、とてもモダンな感じで、シンプルなインテリアによく似合いそうだと思いました。トーヨーキッチンはRFS神戸モデルハウスでも採用されており、洗練されたデザインがRFSのインテリアにとてもマッチしておりました。

見積もりをお願いした時、こちらの予算の問題もあるので中間グレードのF-BAYというシリーズで見積もりをお願いしていました。しかし、最初にこちらから指定した面材の設定がなかったということが後で分かり、仕方なくBAYという一番上のグレードのもので見積もりされていました。画像はこちらです。
a0022762_23555099.jpg
このキッチンの特徴ですが、奥行きが75センチもあり、天板の面積が広い分、キッチンの幅が小さくても大きな収納をとることが出来るそうです。家事動線も短くて済むので非常に使い勝手が良いとのことです。また、シンクは通常よりかなり深くて、とても使いやすそうだと妻は気に入っていました。キッチン側は見た目使い勝手ともになかなか高得点という印象ですが、右側の収納棚はもう一工夫欲しいなという感じです。

ちなみに価格ですが、定価ベースで260万円弱(施工費込み)。多少の値引きはしてもらえるとは思いますが、やはり最上位グレードですので結構な金額になっています。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-28 23:59 | キッチン | Comments(0)
2005年 01月 27日

玄関ドア

玄関ドアは「その家の顔」ということで結構こだわる人もおられるみたいです。僕の方はというと、詳細見積もりを見た時に玄関ドアというものが結構お高いものであることが分かったので、ココはコストダウン出来ないかと考え、RFS標準(?)「デザイナドア」以外の選択肢についても調べてみました。なお、RFSはフルオーダー住宅で基本的には何でも選べるので、標準というものがあるのかどうかは?ですが。

高気密高断熱の北欧住宅では一番よく言われている木製回転窓をはじめ、健康な家づくりを目指し様々な工夫がなされています。玄関ドアもその一つ。ハウスメーカー検討当初、国内メーカーも含めて、玄関ドアにはそれほど大差はないのかなと思っていました。しかし、内覧させていただいたお宅で、その玄関ドアが非常に重厚な造りであることにかなり驚きました。聞けば北欧住宅には木製高断熱の分厚いドアが使われているということをここで知りました。 

さて、いろいろ調べて見つけたメーカーとしては、有名どころとしては「スウェドア」ですね。ここは他ハウスメーカーを含め多くの方が採用されているところだと思います。あと、僕は聞いたことがなかったのですが、スウェーデンのスニッカル・ペール社というところがありました。このメーカーのドアが見た目とてもきれいで、結構気に入ったのですが、定価ベースで60万円とか80万円とか付いていて(もちろん中には比較的リーズナブルなものもあります)、ビックリする感じでした。でも、ダメもとでRFS営業さんを通じて価格を調べてもらいました。

さて、このスニッカル・ペール社の説明書きによると・・・「セブンチェアで有名なデンマークを代表する建築家のヤコブセンのドアノブ、心象を形象化したモノづくりをする建築家アンデェスソンのプロダクトデザイン。その洗練されたデザインセンスと、北欧の国スウェーデンが誇る高度な木工技術がコラボレーションして生まれたのが、「スニッカル・ペール」の木製断熱玄関ドアです。職人の確かな目と腕の冴えがデザイナーの意図をふくらませた、美しい造形美を持つ日本のドアの常識をくつがえす名品です。」となっていました。

結局、「標準」よりもやはりかなりお高くなるとのことでした(残念)。確かにデザイン的にすごくオシャレなものが多く、非常に惹かれるものがありました。しかし、「デザイナドア」でも同じ性能でたくさんのデザインの中から気に入ったものが選べそうなので、玄関ドアに関しては価格を優先してRFS標準でいきたいと考えています。ちなみに、我が家の玄関ドアデザインとしてはモダンでもなくクラッシックでもない中間的なものにしたいと考えています。

他にもデンマークのメーカーなど結構たくさんあるようでしたが、他にもこだわって調べたいことは多々あって時間もないので、もし何か情報お持ちでしたらよろしくお願いしますね。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-27 17:59 | RFS建築日記 | Comments(2)
2005年 01月 26日

ボクスタークーペ(Cayman)

以前から話題になっているポルシェボクスターのクーペバージョンです。名前はCayman(カイマン?)になるそうで、海外サイトでかなり盛り上がっております。ポルシェ関連のHP、ブログの方でも情報は既に出ていますが、僕もちょこっと紹介したいと思います。
a0022762_1242839.jpg
ミッドシップ・ツーシーターのためキャビンが小さいので、かなりコンパクトな感じに見えます。ブラックのホイールがなかなか似合っていてかっこよさそうです。 
a0022762_12423489.jpg
筋肉質な感じでモリモリしたリアスタイル。987ボクスターも一目見て結構気に入りましたが、こちらもとても好きな形です。
a0022762_12425021.jpg
987ボクスターに無理矢理屋根をかぶせた感じのCG画像です。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-26 13:06 | ポルシェとの密月 | Comments(2)
2005年 01月 25日

キッチンプランその1(ドイツWellmann社)

各社にお願いしていたキッチンプランが出揃ってきましたので紹介したいと思います。どれも予算を大幅に上回っておりかなりキツいのですが・・・。まあ、いろいろ思い描くのはタダですので。

プランを紹介する前に当家のキッチン選びのポイントをお話ししておきたいと思います。キッチンメーカーの営業さんと話す時に僕らの希望として伝えたことは「見た目とにかくオシャレでセンスのいいデザイン。機能については最低限常識的なものが備わっていればそれで良い。」ということです。

そして、提案してもらった一つめ。ドイツ製Wellmann社のキッチンです。ボックスはそのまま利用して、展示品を組み替えることで比較的安価で導入できるようです。天板、設備機器は最新のものに入れ替えてもらえることになっています。組替え前、展示品の画像はこちら。
a0022762_1294920.jpg
1/15のBlogでも画像を掲載しております。これが組み替えられてどういう風になるのか、CGで再現してもらったのがこちらです。
a0022762_093666.jpg
展示品のボックス類をそのまま使うので、若干無理矢理押し込めた感はあるかと思います。予算を200万円と伝えていたので、この範囲内で担当者さんは何とか頑張ってくれたのでしょう。なお、これで総額192万円(施工費込み)です。見た目のシンプルな感じ、ドイツ製らしい目に見えないところの質実剛健な造りは良いのですが、逆に見た目あっさりし過ぎていて、高級感に欠けるような印象です。クリナップの方がずっと高級に見えます。ということで、価格については魅力ありますが、現在候補から外れてしまっています。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-25 23:58 | キッチン | Comments(0)
2005年 01月 24日

インテリアプラン

a0022762_23573036.jpg
滋賀県彦根市にあるインテリアショップVee-Vas(ビーバス)でキッチンプランの提案(1/15のBlog参照)と共に家具、照明、カーテンもトータルで提案をお願いしておりました。そして出てきたLDKのプラン図面がこちらです。階段、サッシはデザインが違いますが、ご勘弁を・・・。

提案していただいた内容を簡単に説明します。ダイニングテーブルの上にペンダントライトとしてPH5を付けてもらいました。リビングには常識的に3人掛け程度のソファーを置いてもらうことも考えましたが、ココはまだプランなのですから、あえて憧れのEGGチェアを1脚置くだけにしてもらいました。キッチン、家具は全てナチュラルカラーでシンプルなものにしてもらっています。全体として僕の目標としているシンプル+ナチュラル+シックな感じにまとまっていると思います。未来の住まいが具体的な絵になって、ますます夢が膨らむばかりですね。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-24 23:55 | RFS建築日記 | Comments(0)
2005年 01月 23日

RFS大阪モデルハウス 〜いよいよOPEN

a0022762_22121036.jpg
更新をサボっていてすいません。さて、昨日RFSよりDMが送られてきました。RFS関西組の皆さんにはもう届いていることでしょうね。

大阪モデルハウスのオープン日がようやく決定しました。Xデーは1/30(日)。 RFS本部のHPで発表されていた1月オープンの公約を何とかクリヤーできたようです。かなりのご苦労があったことと思います。早速、オープン日に見に行く予定にしております。またレポートしたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-23 22:22 | RFSニュース・イベント | Comments(2)