<   2004年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 30日

ひまわり畑

トップの小さい画像を変えてみました。

これは今年の7月に北海道で撮ったものです。北海道の風景を頭に思い浮かべた時、まず一番に目に浮かぶのは、ぬけるような青い空でした。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-30 23:32 | お出かけ | Comments(0)
2004年 12月 30日

RFS担当者殿へ

仕事が忙しくなかなかアップできておりませんでしたが、今年最後の1日を残して、ようやく落ち着きましたので、久々にアップします。

12/19のRFSとの年内最終打ち合わせでお願いしていた間取りの小変更が届きました。年末の忙しい時期にいろいろお手間取らせまして、設計のFさん、営業Yさん、本当にありがとうございました。詳細をここではアップしませんが、さらに理想に近づいたと思いますよ。
あと、見積もりが年内には間に合わなかったので、それが気がかりではありますが、とにかく今は送ってもらった図面を何度も見ては、新居での生活に思いを馳せています。

年が明けたら、本格的に計画が進んでいきますが、今後ともよろしくお願い致します。1年間ご苦労さんでした。そして来年もよろしくお願いします。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-30 23:24 | RFS建築日記 | Comments(0)
2004年 12月 26日

キッチン

キッチンがなかなか決まりません。妻はもともとあまり欲のない人なので「何でもいい」と言っていますが、注文住宅を建ててせっかく何でも選べるのですから、使いやすくてカッコいいものも予算次第ではありますが夢ではありません。「何でもいい」と言ってはいても、料理好きの彼女であればきっと満足するのではないでしょうか(お金がないのに大きなお世話だと思っているかもしれませんが・・・)。

というわけで、情報収集を始めたところ浮上してきたのがデンマークHTH社です。同社は輸入キッチンの中では比較的リーズナブルであるとは聞いていますが、国産キッチンに比べるとやはり高くなるようです。

何はともあれ、まずは金額なので今、見積依頼を出しています。

予算の問題以外に、実物を見れないという問題があります。というのも、ショールームが関東にあるので、関西から見に行くというのは何かのついででもなければ難しいですね。

でも、写真で見るシンプル&モダンな雰囲気は、なかなか好みであることは事実です。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-26 23:06 | キッチン | Comments(4)
2004年 12月 23日

大阪ヒルトンホテル夜景

a0022762_835579.jpg
僕は仕事が忙しくそれどころではないですが、街はクリスマスで盛り上がっていることでしょう。

画像は大阪ヒルトンホテルの外周に飾られたイルミネーションです。窓に映り込んだブルーのイルミネーションがきれいでした。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-23 08:33 | 日記・雑記帳 | Comments(0)
2004年 12月 22日

RFS打合せ(12/19)

この前の日曜日はRFSと9月以来、実に3ヶ月振りの打ち合わせをしました。今回の打ち合わせの趣旨は、現時点で決まっているこちらの要望をお話することでした。

ちなみに、打ち合わせを重ねていない期間も、僕はいろいろ情報収集しておりました。そして、要望事項をその都度このブログにアップしていたところ、営業さんはそれをしっかり見てくれていたようです。その結果、こちらが説明するまでも無く、何もかも理解してくれており、話がとてもスムーズに進みました。

現在希望している仕様内容です。
1.キッチン;クリナップのクリンレディにほぼ決まりかけていたところ、見た目のカッコよさでデンマークのHTHに少し惹かれており、悩み中。
2.バス;INAX製のRFS標準品から浴槽を人造大理石のものにしたいと思っています。+10万円位?
3.トイレ;あまり拘っていない部分なので、何でもイイと思っています。標準か、もしかしたら更にグレードダウンさせるかも。高気密高断熱住宅なので、別に尻を温めなくても大丈夫だろうと、勝手に納得しています。
4.洗面;INAX製「きらめきW」という商品。予算によっては「LC」という商品に変えるかも。
5.換気設備;デンソーエースCLAIR-Iでほぼ決まり。メンテナンスしやすい様、壁付けタイプにしてくれるようお願いしました。
6.給湯器;プロパンガスエリアなのでオール電化にすることも考えましたが、ランニングコストが安いということで、知人から灯油を勧められたのでこちらにしようと思っています。機器のコストも灯油の方が若干安いです。なお、コンロはIHです。
7.床材;無垢パイン、バーチ、いろいろ悩み中。最近、メープルも気になり始めています。
8.外壁;全体は縦サイディング(色未定)として、部分的なアクセントとして旭硝子のサイディング「AG-WALL」のパサラという商品を使いたいと思っています。

予算が決まっている中で、これらはコストアップになるものが多いので、これから出してもらう見積書を見て、厳しければ最終的には変更になる可能性があります。

最後にお願いしていた室内のパース図面が仕上がってきました。設計Fさんのアートな図面で大満足でした。完成予定の家のイメージがより分かりやすくなりました。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-22 22:24 | RFS建築日記 | Comments(1)
2004年 12月 21日

RFSとスウェーデンハウスの比較(その2)

前回に引き続き、RFSとSWHの僕的な比較です。

4.SWHはスウェーデンに自社工場を持ち、そこで壁パネルを製造し輸入しています。一方、RFSは部材を北欧から輸入し、日本国内で壁パネルに仕上げて建築しているケースがかなり多いと聞いています。というわけで、北欧随一の工業国であるスウェーデンの技術に拘るのならば、また「スウェーデン」の名前が付くのですから、ここはやっぱりスウェーデン製でしょうという人にはSWHでしょうか。
一方、RFS方式にもメリットはあります。
一つ目として、低価格を実現出来ることでしょう。
二つ目として、より大きいパネルを作ることが出来、建物組立時にパネル同士の継ぎ目となる部分が少なくなるため、気密性能が上がるそうです。国内でのパネル製造では国内輸送のみを考えれば良く、完成したパネルを輸入する場合に比べて、パネルの大きさを大きくすることが出来るそうです。
なお、RFSでも「スウェーデン」に拘るのであれば、LB-HUS社でパネル化したものを使うことも可能だそうです。 

5.4.にも関連するのですが、RFSはパネルを国内生産しており、自由な大きさのものを作ることが出来ます。従って、設計の自由度はRFSの方が高くなります。SWHはパネルの大きさが決まっているので、それを外したような設計の家を造ることは難しくなります。僕のようなステップフロア(中二階)プランはSWHでもやって出来ないことはないでしょうが、かなりのコストアップを覚悟しなければならないと思います。

6.5.の反対として、RFSはいろいろな形が出来るが故、大工さんの技術はより高いものが求められ、大工さんはより柔軟な対応が必要になると思います。SWHは決まった大きさのパネルを組み立てていくだけなので、家の構造上重要となる駆体の部分で大工さんの腕云々の問題はRFSに比べて起こりにくいのではないでしょうか。

7.SWHは長い実績がありますので、下請け建築会社の技術力も熟練していると思われます。ただ、SWHは会社の規模を拡大させながら成長しているので、新たに参入した下請け建築会社ももちろんあります。ですから、熟練した下請け建築会社が必ず建てているという訳ではないです。

8.SWH社の現場管理能力はRFSの相当上をいっているのではないかと推察されます。最終的な建物自体の仕上がり(性能云々ではなく、あくまでも見た目)は、とても綺麗であると思います。RFSにはこの辺はしっかり頑張って欲しいと思います。来年2月頃にオープンするという大阪モデルハウスで、現在の実力を計ってみたいと考えています。

9.SWHは建築中の現場の養生カバーなど、建物本体以外の部分でやり過ぎ?と思えるくらい丁寧にやっていると思います(逆に、どうしてもそうしなければならない理由がある?)。

10.SWHはこれまでの実績に裏付けられた確固たるブランドとしての地位を築いています。ハウスメーカーの家を検討中の方は、多くの人がその名前を一度は耳にしたことがあることと思います。かたやRFSは、まだまだあまり知られていません。SWHは一流ブランドであるが故、ブランド料的な部分も上乗せされているのでしょうか?同じものを作ったとすればRFSよりも価格は高くなるようです。これも安心料と言うことで納得できる面ではあります。

11.SWHにはスウェーデンハウスサービスというメンテナンスをやってくれる別会社があります。メンテナンスが重要とされる木製品を多用している北欧住宅には、結構重要なポイントになると思います。ただ、5年以上も前であれば「北欧住宅=特殊な輸入住宅」という認識で、メンテナンスを他でお願いすることに難しさはあったのではと思われますが、最近ではかなり一般的になってきて、多少のことであれば近所の一般の会社でも十分対応してくれるのではないでしょうか。いずれにせよ、僕の場合、大抵のことは自分でやるつもりなので問題ナシです。

12.SWHはインターネット上にユーザーHP、メーリングリスト等々、ユーザー間のネットワークが非常に充実しています。従って、ハウスメーカー選定時に非常に参考になります。また、実際に住んでみてから、何か不具合があった時に、メーカーの手を煩わせなくても、これらのところで相談して解決することも多々あると思われます。
かたや、RFSは僕のHP、メーリングリスト、ytakahashi2000さん、higomさんのHPがあるのみ。今後に期待したいですね。

13.SWHはクリスマスなど、新規顧客獲得を目的としたパーティーが時々開かれるので、(呼んでもらえれば)楽しそうです。ただし、これは大変なコストを掛けてやっていることなので、自分や将来のお客さんの建築費に上乗せされていると考えれば、多少気になるところです。

以上、カタログにはあまり載っていないところのSWHとRFSの比較を勝手気まま述べさせていただきました。なお、僕はRFSに決めちゃってますから、RFS寄りの意見になっていると思います。でも、出来る限り公平には書いたつもりです。なお、これらの内容は人から聞いた話も含んでいますので、誤った情報もあるかとは思います。よって、最終的なご判断はご自分でじっくり考えてしていただきたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-21 19:46 | RFS建築日記 | Comments(2)
2004年 12月 19日

RFSとスウェーデンハウスの比較(その1)

ここを読んでいるRFSを検討中の方の中から時々メールをいただくので分かるのですが、SWH(スウェーデンハウス)とどちらが良いか、悩まれている方は結構多いと思われます。なので、RFSとSWHの違いについて、比較検討時に重視したところを僕なりにまとめてみたいと思います。

1.RFSは1階天井高2.7mが標準(SWHは2.4m)。SWHで2.7m仕様はオプションになり結構な金額アップになります。天井が高いと開放感があり、同じ床面積でも広々した印象になると思います。でも、天井が低い方が落ち着くからと、こちらを好む人もおられます。

2.壁パネルはRFSの方が分厚いので断熱性能的に見ると高くなります。SWHレベルの断熱性能でも、日本の気候ではスウェーデンほど寒くなったりしないので、こちらでも十分であり、結果的に大差ないのかな?と思っています。

3.部材単価、工事単価が違います。全体的にSWHの方が高くなっており、利益を多く乗せているということになります。僕の場合、予算が心配でしたので、この点が結構ポイントになりましたね。
工事単価に関しては、SWHは工事が概ね丁寧との評判もあるし(RFSの工事が粗雑という意味ではないです)、工事の仕方に多少差があるとも思いますので、比較の対象には挙げにくいと思います。よって、比較し易い部材単価で、一例を挙げて比較してみました。

(メキシタイル)INAX製 
RFS品名;ロイヤルメキシ(色3色?)   ¥8,280/m2
SWH品名:リカメキシ(色5色)  ¥14,000/m2
両社で色が違うだけでモノ的には全く同じ。製造メーカーとの契約があるそうで、お互い同じ色を使うことは出来ません。僕の場合、リカメキシではシックで微妙な色違いのものがラインナップされており、とても気に入っていたのですが、残念ながらロイヤルメキシでは好みの色がありませんでした。

(トップターン窓)
RFSはメーカーから直接供給。SWHは(多分)ガデリウス社経由にて供給。その差により中間マージンが発生しているのでしょう。エリートフェンスターは日本導入実績も長く、ブランド料的なものもあると思います。

結果的には、同じ大きさの窓でも、
RFS=エラフォンスター社 < SWH=エリートフェンスター社という価格になっています。

肝心の品物ですが、見た目は同じ(エリートフェンスターは窓に「Elitfonster」と書いてあります。最近のは書いてないモノも見かけました(他社品かも?))。性能的にも同じだと思います。いろいろ調べましたが、僕には違いを見いだせませんでした。窓は単価が高く、また個数も多いので、トータル金額では相当な差が出てきます。

(床材)
RFS・SWHとも同じバーチ無垢材として、材料費のみ。
RFS;¥4,500以下/m2 SWH;¥6700/m2
ほぼ同じようなモノでもこの価格差になっています。

まだまだ他にもありますので、今日のところはこの辺で。その2に続く。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-19 23:35 | RFS建築日記 | Comments(2)
2004年 12月 18日

NAVI 2005年1月号

a0022762_15222398.jpg

遅ればせながら今月購入したカー雑誌です。毎月発売されるカー雑誌の中で、僕が購入するかどうか判断するものは、まずポルシェがそこに載っているかどうかです。この本のタイトル「ポルシェは、負けない」に「そりゃ当然だろうー」と呟きながら書店で手を伸ばしました。

内容的には、先頃発売された911(タイプ997)とボクスター(タイプ987)の試乗記を中心に、実際997をローンで購入したら月々幾らかかるか?など、庶民的(?)なネタもあり、まずまず満足のいくものでした。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-18 15:30 | 自動車 | Comments(3)
2004年 12月 16日

BMW525i M-sports

最近「お家」ネタが多かったのですが、クルマネタのブログでもありますので、先日試乗したBMW5シリーズについて報告したいと思います。

まず外見ですが、スポーツサスにより下げられた車高、そしてM5に似たエアロパーツはどの角度から見ても、本当にカッコイイです。横に自分の318iを並べてみましたが、5は骨太感があり圧倒的に迫力が違いました。クルマ自体も随分大きいです。僕の318iもM-sportsなので、小さいクルマながらも結構迫力あるのですが、レベルが違うという感じでした。

走り出して感じるのは、不快な上下動が皆無でフラットな乗り心地だったことです。ただ、路面の悪いところでは少しゴツゴツ感があります。でも、これはあくまでもノーマルサスの5シリーズと比較しての話です(以前のブログ参照。ノーマル5の乗り心地を妻は絶賛しておりました。)。足周りが硬いと評判の3シリーズのM-sportsでは、家族から不評だと言っていた人を知っていますが、5のキャラクター的に高級車のイメージを意図的に残そうとしたのか、少しソフトな方向に振っている様に思えます。硬さは全く問題のないレベルではないでしょうか。少し飛ばしたいタイプなので僕的には丁度良い硬さに思えました。

では、ノーマル(Hi-Line)とM-sportsどちらがイイかと言われるとちょっと悩みますね。ノーマル(Hi-Line)は本当に快適です。高級車=乗り心地が良いサルーンという図式が脳にインプットされている人には十分満足する出来だと思います。一方、M-sportsはと言えば、まずそのスタイリングです。エアロパーツのバランスが良く本当にカッコイイです。非常に売れ行き好調なのも頷けます。あのスタイリングに惚れ込んだら「買い」でしょうね。

ちょっと残念なのはカーナビ。ETCと合わせて標準装備となったのは、よく頑張ったと誉めてやりたいですが、日本製の後付ナビに比べると、画像という点で見た目が随分地味です。だったら交換という考えも浮かびますが、ビルトインされていて、i-Driveと連携しているのでちょっと難しいかもしれません。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-16 21:09 | 自動車 | Comments(2)
2004年 12月 14日

我が家の担当者(設計Fさん)

我が家の担当者ということで、我が家の建築計画に携わるRFS関係者の方々を紹介していきたいと思います。顔写真については掲載したいところなのですが、今は持っていないので今後写真を撮って、もし掲載しても良いというお許しが出ましたら、アップしたいと思います。

さて、第一回目は設計のFさんです。RFS神戸店で後日紹介するであろう営業Yさんと、この設計Fさんに出会っていなければ、RFSで建てることは多分なかったのではないかというほど、僕が信頼をおいている人物です。

これまで度々当ブログで紹介してきた手書きの間取り図面は全て同氏の手によるものです。パソコン図面にはない温かみがあり、僕も妻もとても気に入っています。図面というよりかはアートの領域であるというのは言い過ぎではないと思っています。図面が綺麗なだけではなく、僕の希望を巧みに図面に落とし込み、綺麗にまとめ上げるセンスはとてもすごいといつも感心します。

僕の新築計画はこれまでいろいろな壁にぶち当たることがあったのですが、その中の一つ、予算的に厳しいという理由で、他社ハウスメーカーはビルトインガレージをやめる方向で話を進めていこうとするのに対して、最後までガレージを外すことを一切口にしなかったし、逆に外したら駄目と言ったのはこのFさんだけでした。

あとで分かった話なのですが、Fさんは相当なクルマ好きだそうです。だから僕のガレージの夢を理解してくれて、最後までつきあってくれたのだと思います。ちなみに氏の今のクルマはAMG C43です。その前はゴルフR32です。クルマ好きであれば「おーっ」とうなる一台ばかりですね。ガレージハウスを造るには、やはりクルマ好きではないと、こちらの思っていることがなかなか伝わらなかったり、分かってもらえなかったりするものです。そういう意味でFさんは最高の設計士だと思います。

他にもまだ書きたいことはいっぱいあるのですが、またの機会と言うことで。

最後に、大阪モデルハウスオープンに際し、神戸店の設計さんはFさん一人で切り盛りすることになると話に聞いています。Fさんの設計に興味がある方はRFS神戸モデルハウスを訪ねていただければ良いと思いますよ。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-14 23:59 | RFS建築日記 | Comments(2)