<   2004年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2004年 09月 29日

はじめてのプラン(外観編)

ロイヤルフォートスウェーデンが作ってくれたプラン図(外観)です。最終決定したものは土地が変わってしまい、随分違うものになっていますが、これが記念すべき第一号のプランです。先日購入したスキャナーを初めて使って取り込んでみました。

担当の設計さんは手書きで設計をされていて、とても暖かみのある絵を書いてきてくれます。他メーカーがCAD図面ばかりで持ってくるのに対して、いつもインパクトのあるプランでしたね。

僕の希望しているビルトインガレージ、そして大きな斜天井が特徴のお家です。

a0022762_23383924.jpg
これが道路から見た図です。西側道路の土地なので、家の表情としては窓が小さくあっさりした感じです。ガレージドアが大きな面積を占め、大いに主張しています。一色ではあまりに変化に乏しいので、ガレージ周りはタイル貼りになっています。今はコスト削減のため、あきらめてしまいましたが。

a0022762_23392383.jpg
こちらが南側から見た図です。庭を広くとって日の光を取り込もうとしましたが、ガレージに邪魔され、リビングはいまいち暗いのではないかと思います。

間取りは次回紹介します。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-29 23:53 | 家のプラン | Comments(0)
2004年 09月 28日

スキャナー買いました。

計画進行中の住宅建築図面とか、資料とかが収拾がつかないくらいに溢れかえっています。
これまでに趣味で撮りためた写真も結構沢山あるので、それらを整理したいということで、今回購入しました。

機種はキャノンのCanoScan5200Fというものです。
大阪梅田ヨドバシカメラにて¥15800(10%ポイント還元)でした。8年ほど前、必要に迫られ会社で買った時よりも随分と値段が安く、かつ性能アップしており、技術の進歩を感じます。

店員さんによればエプソンのほぼ同じ価格の競合品(品名は忘れた)の方が、画質がいいそうですが、僕のプリンターがキャノンなので揃えることにしました。多分、分からない程度の差だろうとも思っていますが、両方買って比べることもないので何とも思わないでしょう。

a0022762_12224167.jpg
結構大きくて使わないときは邪魔です。置く場所に苦労します。

ブログ作成に活躍してくれるかな。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-28 12:40 | コンピューター | Comments(0)
2004年 09月 26日

ポルシェショップへ行く(AG-FACTORYさん)

僕はヤフーオークションのポルシェカテゴリーを時々チェックしています。
ここに出品していたAG-FACTORYさんのお店へ行って来ました。

http://www.ag-factory.com/top.html

お目当ては、964と993の新旧RS。この近辺のショップで2台揃っているというのはなかなか珍しいです。僕は両方とも間近で見たことはなかったので、前々からノーマルカレラとの違いを比べてみたかったのです。

スタッフの方が964RSのエンジンをかけてくれました。アクセルを踏み込んでやると、伝説のカミソリレスポンスを間近で見ることが出来ました。すごくイイ音させていて、フルスロットルしてやれば頭が真っ白になっちゃいそうです。今時、クーラーが付いていないのはなぁーとか思っていましたが、そんなことどうでもいいと思えるようになっちゃいました。

整備工場の方はとても大きくて立派でした。

ココは自宅からも近く、時々見せてもらいに行きたいと思いました。

a0022762_12202865.jpg
大好きなイエローのポルシェです。ホイールもイエロー。

a0022762_1220365.jpg
964RSではルビーストーンレッドとともに、この色がとてもよく似合うと僕は思っています。クルマがコンパクトで、ホントよく走りそう。イイ音させていました。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-26 22:37 | ポルシェとの密月 | Comments(0)
2004年 09月 24日

ガレージドア

Garage Life誌に掲載されている記事を見て溜息をつく日々でしたが、僕もようやく小さいながらもガレージ設計が出来る身分となりました。そして、今、ガレージドア選びを楽しんでいます。うちの間取りの場合、Gドアは家の真正面のそれもかなり大きな面積を占め、こいつが家の表情を大きく左右しますので結構重要だと思っています。Gドアが開き、クールなスポーツカーが出て来るのは、想像するだけでニヤけてしまいますね。

さて、現在、見積もりの中にはハウスメーカーが提案してくれた三和シャッターの手動スイングアップタイプのGドアが付いています。プライスは工事費込み28万円です。コレはダメなのか言われれば、そんなことはないのですが、やはり木製とか金属製でも凝ったデザインのものとか、上を見ればキリがないもの。カタログの施工事例写真みたいな超かっこいいGドアを取り付けたいという野望アリ、お金ナシなのです。

というわけで、自分でいろいろ探し始めています。取りあえず、ネットからメーカー数社に見積もり依頼を出しました。昔でしたら見積もり依頼は、はがきを書いたり、電話したり、FAX送ったり・・・と結構な手間でしたが、本当に便利な世の中になったものだと実感します。

我が家のGドアサイズは幅2400mm、高さ2100mmです。このことを伝えて、あとは返事が来るのを待つのみ。

そして、まず、三和シャッター工業(株)から返答がありました。早い回答になかなか好印象です。以下は返答内容の一部抜粋です。

>・キャンディ 開口寸法が規格サイズにより
>お客様の場合、H(高さ)寸法が2100では残念ですが納まりません。
>W=2438mm、H=2438mmが必要になります。
>このサイズが8フィート規格サイズです。
>この場合のお値段、弊社標準お取付工事費込みで551,145円(税込み)となります。
>・ウッディの場合はサイズオーダーが可能です。
>お客様の開口寸法に合わせてお作りすることができます。
>W=2400mm、H=2100mmの場合のお値段は、
>519,057円(税込み)です。

うーん、結構いい値段です。規格タイプが使えないのはちょっと痛い。だが、規格タイプでもこれだけの値段がするんだなあ。一応リーズナブルなタイプを選んだつもりですが・・・。軽くヘコミつつ、他社の回答を待つとしよう。続く
a0022762_12162554.jpg

三和シャッター工業のウッディ。木に見えますが、スチールです。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-24 12:14 | ガレージライフ | Comments(4)
2004年 09月 22日

建築請負契約

懸案となっていた予算オーバーの方も営業さんから値引きという形で提示していただき、今後計画を進めていける目処が立ちました。その結果、明日、ロイヤルフォートスウェーデンと建築請負契約をすることとなりました。

先行して土地を住宅ローンで購入します。ローン審査をパスするために建物の契約がどうしても必要になります。契約に対して、僕はいつでも非常に慎重で、今回も着工が半年後ということで、まだ早いのではないかとの思いもありました。しかし、どうしても必要であるということで契約することにしました。

ただ、既にかなり細かい部分まで検討して、プラン的にも金額的にもこのあたりが妥当なのだろうと思っており(根拠はありませんが勘です)、ここまで話し合いが出来ていれば十分なのではないかと思っています。

RFSの営業さんに初めてお目に掛かり、今回の契約に至るまで1年弱かかりました。土地がなかなか見つからない、現家売却がなかなか進まないなど、かなり辛い時期もありました。しかし、今思えば契約まで十分な時間を掛けることができ、とても満足のいくプランが出来上がったので、この辛い時期も全てがスムーズに進んでいくのに必要なプロセスだったような気がします。ここまでいろいろと頑張ってくれた営業さんには感謝しています。

途中、一度決めていた土地を僕の気持ちが変わったことで取りやめにしたこともありましたが、この時、設計の細かい部分まで決まっていたのに再度仕切り直しとなってしまって、設計さんを相当ヘコましてしまったような気がします。これはホント申し訳なかったです。それでも、嫌な顔も見せず頑張ってくれましたね。

着工は来年の春頃が目標です。それまでにコスト削減などいろいろ頑張っていかねば・・・。夢のマイホームに向けて、また一歩前進しました。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-22 16:52 | RFS建築日記 | Comments(0)
2004年 09月 20日

ボクスタークーペ

海外サイトで見つけたボクスタークーペ(実際には違う名前になるらしい)です。

非常に完成度が高いですね。発表されるのも間近なのでしょうか。先日発表されたボクスターもとてもかっこよくなったと感じましたが、クーペはルーフが付いたことで、リアへ流れるラインにより、リアフェンダーにはっきりとした隆起ができて、リアスタイルがさらに筋肉質な感じがします。かっこよいですねー。

a0022762_1241354.jpg

マッチョなお尻。

a0022762_1242467.jpg

よりボクスターよりも戦闘的なデザイン。キャビンは小さいですね。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-20 12:13 | ポルシェとの密月 | Comments(0)
2004年 09月 17日

ローン事前審査と問題の発生

土地の決済は10月末ですが、ローン特約の有効期限が10/1であり、これを過ぎてしまうとローンがおりなかったなどと言って契約を解除しようと思っても、手付金が返ってこないということになります。そのため、9月中には住宅ローンの事前審査をパスさせなければいけないので少々ドタバタしております。

僕の場合、先行で土地購入するので、ローン実行も最初は土地の部分のみとなるのですが、住宅ローン融資実行の条件として「1年後に家が完成しているとこと」というのがあります。そのため、融資の審査資料には間取り、仕様などの詳細および予定金額を付けなければいけません。

1年先の完成なのだから、雑誌などで研究してのんびり決めていけるだろうと思っていたのですが、そううまくはいかないものです。とにかく時間がないのでどんどん決めていますが、ハウスメーカー選定時に比較的時間を掛けて細かい部分まで検討していたので、スムーズに進められているように思います。 

しかし、ここに来て一つ大きな問題が発生しました。最終見積金額が予算オーバーしていたのです。特にコストアップとなるような要望をしたつもりはありません。どちらかというと減額の方向での最終見積もり依頼でした。例えば、外壁タイル貼りを諦めてサイディングにしたり(▲38万)、キッチンのグレード落としたり(▲60万)、その他もろもろで合計200万円程度のマイナス、ちょっと追加はありますのでそれを勘案してもマイナス100万円はいける予定だったのですが、下がることなくむしろ上がっているくらいでした。

これについて、営業さんからは輸入部材を使っているので為替レートが変わり値上げしていると説明がありました。突然の話でちょっと驚きました。早くしないと値上がりしますよーと事前にアナウンスされていれば納得できたかもしれません。

それから、以前の詳細見積もりとの比較もしてみました。本来入っているべき換気システム(33万)が抜け落ちているというようなメーカー側のミスも見つけました。また、工事単価が一式という形で計上されていたものを、より正確なm、個などの単位で計上されることでアップしているものもありました。

うーん、この時期にちょっと痛いですね。この金額で出来るということでこのメーカーにお任せすることにしたのですから、出来ないとなると話は変わってきます。確かに会社の事情もあるとは思いますので、その場では厳しいことは言いませんでした。しかし、このままでは計画が進まないわけですから、この連休に再度打ち合わせを行いますのでこちらの思っていることを率直に伝えて、この辺りの問題解消に向けて話し合いたいと思っています。自分の目で見て間違いないと選んだ営業さんであり会社なのですから、期待を裏切らない対応をしてくれるものと信じています。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-17 12:23 | RFS建築日記 | Comments(0)
2004年 09月 16日

「建築条件付」について その2

何故、自分たちが望む家が建てられないのか?。選択肢がないのか?。一生をかけて買うものに対して、選べないというのはどうかと思う。君たちにはこの家で十分だよ、何の不満があるの?という姿勢は傲慢以外の何ものでもないと思う。選ぶのは施主である。そのようなところは選ばなければ良いと言ってしまえばそれまでなのだが、僕は不動産業界のこの姿勢自体に納得がいかない。

土地だけで利益が出ないという事情も分かるが、家というものに対する顧客のニーズは、ただ住むための箱、雨風がしのげたらそれでいいというものから、自分たちのライフスタイルを映し出す鏡という感じに変わってきているように思う。その証拠に最近では「建築家と家を建てる」など、土地と建物を別の業者で進める記事が雑誌、ネットなどで紹介されているものを本当によく見かける。こんな風にして一生に一度あるかないかの大きな買い物を大成功させて非常に満足に暮らしている人も多いと見受けられる。そう簡単に買い換えが出来ないものだからこそ、こだわりのある人にも、そうでない人にもそれなりにいろんな選択肢を提供して欲しいと思うのである。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-16 12:07 | 家づくり | Comments(0)
2004年 09月 15日

「建築条件付」について その1

当初から自分の気に入った建物を建てたいという思いがあったので、建売りや建築条件付というのは選択肢からは除外。土地探し中はこの「建築条件付」に何度がっかりさせられたことだろう。なお、ここで言う建築条件というのは建築業者があらかじめ決められていて、建築業者を施主が自由に選べないことである。

物件情報における土地は新築・中古住宅に比べれば圧倒的に数は少ないが、それなりには流れている。しかし、交通の便が良いとか生活施設が充実、等々条件の良い土地というのはそう多いものではない。その多くない情報の中、ぱっと目に付く物件というものには、だいたい地元工務店の建築条件付となっている。これを差し引きすると、僕の希望に合う建築条件ナシの好物件はほとんどないと言い切れる。

「条件外し」。建築条件を外して自分の希望する家を建てさせてもらうこと。これに期待して何度も不動産業者を訪ねた。しかし、土地単体では予算内に収まっているのに、条件外しの金額アップで大幅予算オーバーになる。不動産会社は一般に土地単体では利益が出ないため、条件外しの客には価格を上げることで対応している。また、条件の良い土地(売れる土地)を持っている業者では条件外しを考えていないとの強気発言が飛び出すことも珍しいことではなかった。続く
[PR]

by nemujiro | 2004-09-15 12:09 | 家づくり | Comments(0)
2004年 09月 14日

住宅ローン

先にローンで土地を購入して、しばらく時間をおいてから家の建築をスタートさせるのでは住宅ローンが通らないかもしれないということは前のブログで書きました。これまで僕が銀行と直接話をしていましたが、これ以上は僕から話ししても進展は望めそうにないのでハウスメーカーの営業さんから銀行に話をしてもらっていました。

そして先日、土地決済を今年10月末。建物完成が来年10月末でOKと連絡がありました。銀行は三井住友銀行です。ただし、土地単体のローンのため評価が下がってしまい、ローンとして借りられるお金が物件価格の8割しか出ないとのことです。よりたくさんの頭金がいるのですが、これなら何とかなるレベルだということで、今後これで進めていこうと思っています。

同時に間取りもだいぶん決まってきています。こちらはその内、紹介したいと思います。建築費も徐々に希望に近づいてきています。もう少し建築費ダイエットは必要ですが、いろいろなことが目標に向かって、同じ方向に進み始めてるのを感じます。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-14 12:14 | 家づくり | Comments(0)