カテゴリ:ガレージライフ( 9 )


2009年 04月 07日

Garage Life with VW Beetle

先日、皆さんご協力の元、復活したかに見えたマイポルシェのバッテリーだったのですが・・・
やはり、結局寿命だったみたいでして・・・キュルっと言うだけでエンジンが掛かりません(涙)。

仕方ないので、この前の日曜日に交換してもらいに行きました。

そして、いつもお馴染み空冷フレンドのスージーさんにお声掛けしたところ、
ついてきて下さるとのことで、ご一緒させていただきました。

エンストしたら、その場で不動状態での、ドキドキ走行ではありましたが、なんとか秘密基地に到着。
無事交換完了し、また快調な状態に戻りました。良かったです。
a0022762_622991.jpg
▲帰宅後はマイガレージに留守番させていたスージー号の撮影会です。
a0022762_6221849.jpg
▲ビートルは全幅が1.5m台とたいへんコンパクトなので、ガレージがとても広く感じます。
自転車を置くだけの十分なスペースがあります。
a0022762_6222517.jpg
▲外壁の色もスージー号のボディーカラーとコーディネートしたかのように良くマッチしていました。

家族からもこっちの方が似合っているねとの言葉が・・・(汗)

一方のスージーさん・・・ビルトインガレージ病に感染しちゃったかもしれません。

→→→ 後からでも出来ますので、どうぞご検討下さい。

気の合う仲間と楽しい休日でした(笑)。
[PR]

by nemujiro | 2009-04-07 06:24 | ガレージライフ | Comments(9)
2006年 07月 30日

ビルトインガレージ内部の様子(2006.7)

先般の取材がきっかけでガレージ内をきれいに片付けましたので、ガレージにクルマが収まった画像アップをしたいと思います。
a0022762_19121191.jpg
↑モデルとなってくれたクルマはRFS千里大阪店のS店長さんの愛車BMW(E46)です。
ガレージ内は北欧をイメージして、シンプルなものに。壁は淡いブルーとホワイトに塗装しています。

ガレージ設計段階では、壁にホーローのサインボードとかメーカーエンブレムを飾ってはどうだろうか?とか、工具やパーツが並べるのもいいかも?とか、いろいろ思い描いていました。しかし、ゴチャゴチャしたり、泥臭い雰囲気になるのではないかと考え、これは僕の目指す北欧シンプル&ナチュラルのイメージとちょっと違うという結論に達し、結局完成したそのままの状態に留まっています。
a0022762_19122227.jpg
↑天井のボックスはガレージドアの電動オープナーのユニットです。照明はこのユニットに付いているものと、配線ダクトレールのスポットライト2灯です。
電動オープナー付属の照明はドア開閉に連動してON/OFFしますが、一定時間(5分)経過するとOFFになります。OFFになった後は、少し暗いので将来的には増設した方が良いと思っています。このような場合、配線ダクトレールは照明を増やしたり、減らしたりが簡単に出来ますので、なかなか便利ですね。
a0022762_19123293.jpg
雑誌にも掲載されていた玄関からガレージが見える窓は↑こちら。
ガレージの窓ガラスは法律上防火ガラスにする必要がありますので、メッシュ入りのガラス窓になります。若干クルマが見えにくくなってしまいますが、法律で決まっているのだから仕方ありません。

家本体の床とガレージの床の高さに差がありますので、クルマの屋根が見えるような感じになっています。
a0022762_1913546.jpg
↑家とガレージを行き来出来る様にガレージ内にドアを設置しました。
これで、雨の日でも濡れずに出掛けられます。
ドアの向こうには、クルマのリア部分がちょうど見えるようになっています。
a0022762_1914318.jpg
↑壁の可動棚には少しだけお気に入りのミニチュアカーを飾っています。

また、壁にある白色の□は換気扇です。今後、ビルトインガレージを作られる方へのアドバイスですが、換気扇は絶対に付けた方が良いです。僕は当初取り付けることを頑に拒んでいたのですが、設計士さんに強く勧められて付けることにしました。
その結果は、付けて良かったです。なければ、湿気がかなりたまります。また、短時間のアイドリングであっても排気ガス臭さが結構残ります。
a0022762_19141638.jpg
↑では、ガレージドアを開け、さあ出掛けましょう。
[PR]

by nemujiro | 2006-07-30 20:14 | ガレージライフ | Comments(6)
2005年 11月 08日

ガレージのためのパーツ&マテリアルズ2006

a0022762_21373388.jpg
趣味のガレージを彩るパーツや部材の最新情報が紹介されている雑誌です。2004、2005と購入していたものですが、これからDIYガレージライフに役立つかなと思い、今回も買ってしまいました。

以前に購入したものについては、まだマイガレージが出来ていない段階でしたので、非常に漠然としたイメージの中で読んでいましたが、今回は手を加えるべきマイガレージがある状態ですので、いろいろ新しいアイデアやイメージが浮かんで、とても参考になりました。
[PR]

by nemujiro | 2005-11-08 21:45 | ガレージライフ | Comments(0)
2005年 04月 30日

ガレージドア

ガレージドアはいろいろ悩んだが、三和シャッターのウッディに決定した。これは扉が上方向に開いて天井に収納されるオーバースライダーというタイプのもの。メーカーHPから拝借してきた画像はこちら。
a0022762_2334242.jpg
表面のパネルを木目調に塗装してあるスチール製。本物の木製ドアの質感にはとても魅力を感じていたが、実際にはコストやメンテナンスの問題から採用には到らなかった。とはいえ、このウッディは通常のスチールシャッターと比べて、遥かに上質な感じで十分な雰囲気を持ち合わせているのではないかと期待している。
また、電動リモコンも標準装備。これで雨の日のクルマでの帰宅も全く濡れずに家に滑り込めるようになる。現在の自宅から離れた駐車場での青空駐車から、一気に夢の生活がスタートする。想像するだけで顔が緩む訳である・・・。
[PR]

by nemujiro | 2005-04-30 23:50 | ガレージライフ | Comments(2)
2005年 03月 26日

マイガレージ

今日は過去に自分が書いたブログを読み返してみました。すると、昨年の11月末のブログでは新居の間取り確定ということで紹介していました。しかし実際は、その後もゴチャゴチャと変更を繰り返し、今や原型をとどめていない状態で、我が優柔不断さを自覚してしまった次第です(汗)。というわけで、今日はガレージのプランがもう変更しないだろう(本当か?)というところまで煮詰まったので、紹介したいと思います。
a0022762_1332967.jpg
ガレージの外観を決めると言っても過言ではないと言えるガレージドアには、三和シャッターのウッディを採用しました。これはウッド調のスチールドアで、当初は木製ガレージドアも検討しておりましたが、良いものは価格が非常に高く、一方、輸入品のリーズナブルなものはかなりモノ的にお粗末であるらしいことや、メンテナンスがかなり大変な代物とのお話をガレージドアメーカーの方からお聞きしたのでこちらに決めました。

ガレージの内部からは直接部屋へ出入り出来るように、テラスドアを付けてもらいました。あと、部屋(玄関)からクルマが見えるように小さい窓も付けています。毎日仕事から帰ってきて、ガレージ側にちらりと目をやると愛車が見えるという感じになっています。

図面に描かれているクルマはBMWで言えば、概ね5シリーズに相当する大きさです。これくらいのクルマになると、テラスドアを開けるとクルマにぶち当たる感じで結構窮屈な印象がありますが、軽量、コンパクトなクルマ好きの僕にとっては、必要にして十分な広さだと思います。現車の3シリーズであれば全く問題ないレベルです。

これから、DIYにはなってきますが、ガレージの中にどんなものを飾ろうかとか、照明をどうしようかなど、今からとても楽しみにしています。
[PR]

by nemujiro | 2005-03-26 02:11 | ガレージライフ | Comments(2)
2004年 12月 02日

木製ガレージドアについて

相変わらずガレージドアで悩んでいます。やはり、木製ドアはとてもかっこよく、導入したいなあという気持ちはあるのですが、値段が高いですね。

あるガレージドアメーカーの営業さんから木製ガレージドアに関して、コメントを頂きましたので紹介したいと思います。検討中の方の参考になれば…。

それによると、まず、海外から輸入された木製ドアは、材を輸入して国内にて製作をしている製品に比べ、倍くらいの価格差があるそうです。しかし、海外製品は3、4年で水を多く吸って駄目になっている場合が多いそうです。ワイヤーが切れ、水を吸って駄目になったということで、もう、木製は懲り懲りだという、海外製品を使用のユーザーさんもいたとのことです。

一方、このガレージドアメーカーでは海外から仕入れた天然木を国内で何ヶ月もかけて乾燥させ、海外製品の含水率が30%位あるのに対し10%程度であるそうです。そして、この十分乾燥させた天然木をオーダーのサイズへカットして1つのガレージドアをほぼ手作りに近い状況で製作して行き、完成した製品はほぼ狂いの無い物に仕上がるそうです。こんな訳で値段が高いわけですねー。

あと気象条件や設置条件により変わることも確かですが、ガレージが日の当たらない北側や庇があり直接雨がかからないところにある場合は同じ条件で設置してもかなり違ってきますが、いずれにせよ、定期的な再塗装は欠かせないそうです。

木製はこのようにはっきり言って大変な製品です。しかし、質感はやはり本物の方が良く、ガレージドアとしては高級の位置づけになっているそうです。
a0022762_12124550.jpg
僕はとにかく見た目だけ良ければいいと思っています。メンテナンスは嫌いな方ではないので構わないのですが、本体価格が高いので木製は候補から外すことにしました。今は木製ではないもので画像のようなフラットなガレージドアがないか探しているところです。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-02 12:20 | ガレージライフ | Comments(0)
2004年 11月 11日

ガレージのためのパーツ&マテリアルズ 2005

a0022762_22494777.jpg
こんな本を買ってきました。2000円也。名前の通りガレージに似合うアクセサリーや部材の情報を紹介している本です。建築実例などは少ないものの、最新の部材などの情報を見て、自分だけのガレージ建設計画を思い描くのは、なかなか楽しいものです。

ガレージ建設の参考になるのはもちろんですが、住宅用部材としても使えるものばかりですので、現在の僕には何かと役に立つ一冊です。

予算の都合でガレージ自体にはあまりお金かけられないので、ガレージ工事自体は構造上重要な部分だけ大工さんにやってもらうことになりそうです。残りはこの本やネット情報を調べて自分でコツコツとDIYに励んでいきたいと思っています。
[PR]

by nemujiro | 2004-11-11 00:01 | ガレージライフ | Comments(0)
2004年 10月 04日

ガレージドアのサンプル

ガレージドアとして現在検討中の三和シャッターから、頼んでいたパネルサンプルが送られてきました。感じがつかみやすい様にあまり縮小せずにアップします。狙っているのはウッディというタイプのもので、同社のオーバースライダー製品としては廉価版のものです。小さなサンプルですが、なかなか質感が高く、廉価版と言えども高級感があると思います。

規格サイズではないので、ガレージの大きさに合わせて自由にできる点も良いと思います。

うちの場合、幅2400mm×高さ2100mmで、工事費込みで概算44万円程度(Web申込の割引適用)になるそうです。他社とも比較して、悩んでみたいと思います。

a0022762_2371048.jpg

[PR]

by nemujiro | 2004-10-04 23:17 | ガレージライフ | Comments(0)
2004年 09月 24日

ガレージドア

Garage Life誌に掲載されている記事を見て溜息をつく日々でしたが、僕もようやく小さいながらもガレージ設計が出来る身分となりました。そして、今、ガレージドア選びを楽しんでいます。うちの間取りの場合、Gドアは家の真正面のそれもかなり大きな面積を占め、こいつが家の表情を大きく左右しますので結構重要だと思っています。Gドアが開き、クールなスポーツカーが出て来るのは、想像するだけでニヤけてしまいますね。

さて、現在、見積もりの中にはハウスメーカーが提案してくれた三和シャッターの手動スイングアップタイプのGドアが付いています。プライスは工事費込み28万円です。コレはダメなのか言われれば、そんなことはないのですが、やはり木製とか金属製でも凝ったデザインのものとか、上を見ればキリがないもの。カタログの施工事例写真みたいな超かっこいいGドアを取り付けたいという野望アリ、お金ナシなのです。

というわけで、自分でいろいろ探し始めています。取りあえず、ネットからメーカー数社に見積もり依頼を出しました。昔でしたら見積もり依頼は、はがきを書いたり、電話したり、FAX送ったり・・・と結構な手間でしたが、本当に便利な世の中になったものだと実感します。

我が家のGドアサイズは幅2400mm、高さ2100mmです。このことを伝えて、あとは返事が来るのを待つのみ。

そして、まず、三和シャッター工業(株)から返答がありました。早い回答になかなか好印象です。以下は返答内容の一部抜粋です。

>・キャンディ 開口寸法が規格サイズにより
>お客様の場合、H(高さ)寸法が2100では残念ですが納まりません。
>W=2438mm、H=2438mmが必要になります。
>このサイズが8フィート規格サイズです。
>この場合のお値段、弊社標準お取付工事費込みで551,145円(税込み)となります。
>・ウッディの場合はサイズオーダーが可能です。
>お客様の開口寸法に合わせてお作りすることができます。
>W=2400mm、H=2100mmの場合のお値段は、
>519,057円(税込み)です。

うーん、結構いい値段です。規格タイプが使えないのはちょっと痛い。だが、規格タイプでもこれだけの値段がするんだなあ。一応リーズナブルなタイプを選んだつもりですが・・・。軽くヘコミつつ、他社の回答を待つとしよう。続く
a0022762_12162554.jpg

三和シャッター工業のウッディ。木に見えますが、スチールです。
[PR]

by nemujiro | 2004-09-24 12:14 | ガレージライフ | Comments(4)