カテゴリ:キッチン( 17 )


2005年 12月 30日

コンロ部の壁の処理(完成)

11/26のブログでも投稿したとおり、キッチンのコンロ側の壁にステンレスの板を貼る工事が完了しました。取り付けのみRFSにお願いしたので少し手間賃は発生しましたが、ステンレスの板は自分で調達したので(父がこの関係の仕事をしているので)、比較的安く仕上げることが出来ました。
a0022762_8164587.jpg
ステンレス製のレンジフードと相まって、なかなか良い感じに仕上がったと思います。多少、お手入れにコツがいるようですが、父に教えてもらってやって行こうと思います。
[PR]

by nemujiro | 2005-12-30 08:28 | キッチン | Comments(6)
2005年 10月 24日

キッチン完成(詳細2)

昨日に引き続き、キッチン詳細の報告です。
a0022762_0183546.jpg
レンジフードは山善のものです。同じようなデザインのレンジフードとしてはアリアフィーナが有名みたいですが、この山善のレンジフードの方が随分お安かったです。性能や使い勝手の差は?です。
高気密高断熱住宅では一般的には同時吸排タイプの換気扇を取り付けることが多いですが、これは同時吸排タイプではありません。よって、横に換気扇に連動して開閉する吸気シャッターを付けています。
a0022762_0184555.jpg
家電収納部の配置はこんな感じ。
a0022762_0185650.jpg
別の角度から見るとこのように見えます。単純なL型になっているのではなく、部分的にカーブしてへこんでいる場所があり、これがこのキッチンのデザインを特徴づけています。
手前に見えるのはシャッター付き収納です。妻はこの部分がかなり気に入ったらしく、どうしても外せないと言うことで採用となりました。かなり高価なユニットでしたが、実際完成してみるとこの部分がとても目をひく大きなポイントになっており、無理してでも採用して良かったと思います。
a0022762_0193022.jpg
ドアハンドルの端部は「poggen pohl」のロゴ入りです。このロゴを付けたかったがために、このハンドルを選びました。これを見て嬉しがっている僕はつくづく小市民ですね。
a0022762_0193925.jpg
「巾木材が欠品のため・・・」要は発注ミスでこの部分が未完成です。ドイツから取り寄せることになるみたいで、完璧にキッチンが完成するにはもうしばらくかかるようです。

レンジフード下のステンレス板や欠品部分の処理などが残っているので、完成までもうしばらくかかるものの、なんともまあ立派なキッチンが出来たなあというのが正直な感想です。
毎日使うものこそ良いモノを!という考えで選んだキッチンですから、あとはこれから使い手である妻がどれだけ使いこなしてくれるかですね。期待していますよー。
[PR]

by nemujiro | 2005-10-24 23:58 | キッチン | Comments(14)
2005年 10月 23日

キッチン完成(詳細1)

昨日に引き続き、我が家のキッチンの紹介です。今日はもう少し細かく見ていきたいと思います。
a0022762_175055.jpg
シンク周りです。
吊り戸棚は妻の身長に合わせて低めにセットしてもらいました。現在使っているキッチンの吊り戸棚は、より高い位置に付いています。また、容量的には大きめなのですが、全てが有効に活用されている訳ではない様です。
一方、このキッチン吊り戸棚はやや小さめですが、隅々まで手が届きますので、結果的に使い勝手はかなり良いと思っています。
横長のFIX窓はもちろん木製です。壁には白いタイル。手元灯としてはコンパクトなハロゲンランプを2灯付けています。
a0022762_17514795.jpg
こちらはシンク。
水栓金物はグローエ社(ドイツ)のものです。キッチントップは御影石調の人造大理石です。我が家では唯一この場所でしか使っていない大理石の窓台がここには設置されています。
a0022762_17522110.jpg
こちらは、ミーレ社の食器洗い機です。我が家は3人家族ですので、それほど大きなものは必要ではないと思いましたので、45センチ幅のものです。
a0022762_17515561.jpg
コンロはリンナイのガラストップコンロです。火力調整ダイヤルのところには、何かよく分からない色々な機能が付いており、シンプルなコンロしか使ったことがない妻は少々首をかしげておりました。
壁の電気配線工事ならびにレンジフード下の壁に設置するステンレス板(僕の父が作製予定)がまだ終わっていません。

まだまだいろいろありますので、残りは次回に!
[PR]

by nemujiro | 2005-10-23 18:09 | キッチン | Comments(4)
2005年 03月 10日

キッチン確定(その3)

採用したポーゲンポールキッチンの設備を紹介します。

1)キッチン水栓金具
a0022762_21492843.jpg
特に要望した訳ではないのですが、グローエ社(ドイツ)のユーロプラスというモデルを付けてもらっています。スプレー付きのヘッドを引き出せるタイプになっています。レバーはセラミック・ディスク技術と人間工学に基づいて設計されたループ状のものを採用していて、操作性が抜群に良いそうです。

2)食洗機
a0022762_21495027.jpg
妻が当初から希望していたミーレ社(ドイツ)の45センチ幅のものをチョイス。コストの問題で国産品への変更も考えましたが、アクタスの営業さんの「お客さんでミーレを使われている方は皆さん非常に満足されていますよ」との一言で決定しました。

3)レンジフード
a0022762_2154128.gif
ヤマゼンという国産メーカーのものをチョイス。当初ARIAFINAを設定していましたが、かなり金額が高くなること、また、RFSのような高気密高断熱住宅のキッチン換気扇には必ず付けなければならない同時吸排ユニットを取り付けると本体がかなりゴツくなるので変更しました。ヤマゼンのものは同時吸排ユニット内蔵でかなりコンパクトです。 実際の使い勝手などは未知数ですが、デザイン/価格ともに満足しています。
画像のものは同社のものですが、実際導入する予定のものとは少し形が異なります。

4)ビルトインコンロ
a0022762_21501457.jpg
こちらも特に希望を言った訳ではなく(「操作パネル部をシルバーに」とは言いました)、最初から設定されていたものです。リンナイのビルトインコンロです。ちょうど中間位のランクのもののようですが、コンロは消耗品と割り切っていますので、もっと安いものでも良かったかもしれません。

我が家の導入予定キッチン紹介はこれでおしまいです。
[PR]

by nemujiro | 2005-03-10 23:16 | キッチン | Comments(2)
2005年 03月 04日

キッチン確定(その2)

キッチンの完成予想図をアップします。
a0022762_0382568.jpg
このように配置はオーソドックスなL型にしました。これは前にも書きましたが、LDKを出来る限り広い空間で使えるようにしたかったためです。

面材ですが、一番気に入ったライトメープルという白っぽい木目調のものをチョイスしました。この面材は最も価格がリーズナブルであり、このグレードで落ち着いたことは、とてもラッキーだったと思います(面材が変わると金額が大きく増減するのは、どのキッチンメーカーも同じですね)。名前はメープルと付いていますが、木(無垢材)ではありません。印刷の色の再現がイマイチなので、実際とは若干色は違いもっと白っぽい色目です。

ワークトップはホワイトの御影石調で、中に細かい黒のツブツブが入った人造大理石です。人造大理石と言えば、デュポン社のコーリアンが非常に有名ですが、相当な金額アップ(+10万円)を覚悟せねばならないこと、また見た目も十分満足できると思えたことから、国産のハイマックス(N&Lマーブル社)というものをチョイスしました。

壁付けの吊り戸棚はシンク上と収納部に各1個づつです。また、大幅にコストアップしてしまうのですが、妻の希望によりロールシャッターの収納を導入することにしました。キッチン周りのごちゃごちゃするものをココに収納して、お客様が来た時には閉じて隠せるため、すっきり片付けられるからとのことです。見た目にもカッコいい感じですので、まあ良いかと思っています。

それぞれの引き出しに付いている取手は、ポーゲンポールでひと目見て気に入った横長のアルミ製バーハンドルをチョイスしました。これが結構な金額アップなのですよ。取手は数が多く一個当たりの金額アップ分は微々たるものでも、足していくと取手といえどもバカになりません。

まだいろいろありますが今日はこの辺で。次回さらに続けたいと思います。
[PR]

by nemujiro | 2005-03-04 23:59 | キッチン | Comments(8)
2005年 03月 03日

キッチン確定(その1)

ようやくキッチンを確定しました。迷いに迷い、悩みに悩んだ結果、我が家ではポーゲンポールを採用することにしました。そして、先月末、代理店であるアクタスと正式に契約を交わしました。

大幅なコストアップのため、今後建築計画を進めていく際に、他の設備類へのコストのシワ寄せが起こることも予想されました。従って、建築費、住宅建設に関わる諸費用、ローンが借りられる金額等をしばしば夜更かししては電卓たたいて計算していました。その結果、その他設備面で我慢しなければならない部分は多いものの、何とか計画進行に支障はないとの結論でした。まさに1点豪華主義です。

もちろんキッチンにここまでのコストを掛けるのもどうかなーとも考えました。しかし、妻も僕もかなり気に入っていたし、毎日、数十年というレベルで使うものですから、自分が本当に満足いくものを!という風に考えました。

アクタスが2月決算とのことで値引きを頑張ってくれた(実際のところどうなのかは分かりませんが・・・)ことも追い風になりましたね。

キッチンの完成予想図並びに仕様詳細は次回報告します。
[PR]

by nemujiro | 2005-03-03 17:35 | キッチン | Comments(2)
2005年 02月 19日

ポーゲンポール(ACTUS・京都店)

今回はアクタス・京都店に行って来ました。こちらに展示してあるポーゲンポールのキッチンの写真をいくつか撮ってきたので紹介します。どの展示場も展示されているキッチンは多種多様なデザインのものがあり、見るだけでもキッチン造りの参考になります。
a0022762_1021478.jpg
I型キッチンでありながら、サイドを短いL字の構成にして対面カウンターのようにしているものです。LDKは出来る限り広いスペースを取りたいという考えがあるため、うちの場合アイランドキッチンや対面キッチンは断念しました。しかし、娘が家事をしている妻の姿を対面カウンター越しに見たいらしく、対面キッチンを希望しています。そしてキッチンは対面になるものと信じています。このデザインであればスペースを犠牲にすることなく導入できるし、娘のためにも良いのかなと思います。
a0022762_10215346.jpg
別の角度から見るとこんな感じ。反対側もL字になっています。
a0022762_1022294.jpg
収納棚。見せる収納をイメージしているのでしょう。きれいに収納するには多少テクニックがいるかも。
[PR]

by nemujiro | 2005-02-19 10:55 | キッチン | Comments(2)
2005年 02月 16日

ポーゲンポール(ACTUS・六甲店)

相変わらずキッチン選びで迷っています。時間がなければさっさと決めちゃうのでしょうが、なまじ時間があるだけに決められないでいます。キッチンさえ決まれば、間取りが確定するので計画がより鮮明になってくるのですけどね。

今考えている選択肢は次のようなものです。
プラン1)その他設備は節約して、とにかく一点豪華主義!ポーゲンポール導入。キッチンのみで300万円コース。
プラン2)全体的に満足度の高い設備・仕様を選び、キッチンも標準的なものを導入。薪ストーブのように、あってもなくても良いようなモノも入れちゃう。キッチンは100~150万円コース。

さて、アクタス・六甲店に行って来ました。こちらに展示してあるポーゲンポールのキッチンの写真をいくつか撮ってきたので紹介します。
a0022762_1003357.jpg
シンプルなデザインのI型キッチンと(画像は少ししか写っていませんが)アイランドカウンターです。ガラスの吊り戸棚がオシャレです。
a0022762_100398.jpg
ポーゲンポール以外でもドイツの輸入キッチンなどではこのようなシャッター付き収納棚をよく見かけます。見せたくないものを隠せて良いかも?と考えましたが、お値段は高めで導入不可。コレは約35万円だとか。
a0022762_1004596.jpg
とても豪華なキッチンです。展示品処分で発売中だそうです。手前のダイニングテーブル&照明もセンス良く配置されています。でも、大きすぎて我が家には入らないでしょう。

キッチン選びはクルマ選びと良く似ているように思います。国産キッチンはとても機能的で使いやすく、価格もそれに見合うモノだと考えます。一方、輸入キッチン(ここではドイツ製キッチン)は使い勝手は国産メーカーに劣ると思いますし、値段も高いと思います。ただ、目に見えないところにしっかりお金がかかっていることがよく分かります。クルマであれば間違いなく後者を選ぶところですが、同様に考えるか否か非常に悩むところですね。
[PR]

by nemujiro | 2005-02-16 23:59 | キッチン | Comments(3)
2005年 02月 07日

キッチンプランその3(ポーゲンポール)

提案してもらったキッチンプランの三つめ。ポーゲンポールです。ここのキッチンはかなり高級だということは耳にしていたのですが、まあ見積もりはタダだからネタにでもなるかなという軽い気持ちでお願いしていました。そして、提案していただいたプランはこんな感じでした。
a0022762_22535757.jpg
ショールームでは500〜1000万円クラスのキッチンが多数展示してあり、僕的には非現実的なものばかりでしたが、ウチのような庶民の家にもおさまるプランにしてくれています(当たり前か・・・)。ずっと付けたいと考えていたARIAFINAのレンジフード、妻が希望しているミーレの食洗機が付いています。
身長がそれほど高くない妻が使いやすいように吊り戸棚を手が届く低い位置にしてもらいました。その分、あかり取りのFIX窓を高い位置に付けてもらっています。
a0022762_22583585.jpg
ウチの間取りでは2階にバスがありますので、キッチンのコーナー部にパイプスペース(水道管などが入っているところ)が設けられています。そのため、キッチンのコーナー部がデッドスペースになってしまいます。このパイプスペースがあるために他のキッチンメーカーのプランではI型キッチンとI型収納を単純に組み合わせるというものばかりでしたが、ポーゲンポールはちょっと違っていて、ココの処理がとても巧くできていました。
画像のような感じにキッチン部と収納部をつないで一体感のあるものに出来ています。また、コーナー部は少し奥行きを狭くしてコーナーの隅々まで手が届くように配慮されているのと同時に、他社ではコンロ右側にある縦長の引き出しが収納棚に干渉するため、設置できず化粧パネルがはめ込まれているだけなのですが、設置できるようになっています。これらはなかなか良いアイディアであると思いました。
ちなみに価格ですが、定価ベースで300万円ちょい(施工費込み)。今検討中のクリンレディーST5のプランの2.5倍以上(値引き後)です。かなり気に入ったのですけどね。金額が金額なだけにかなり辛いですわ。
[PR]

by nemujiro | 2005-02-07 23:52 | キッチン | Comments(2)
2005年 01月 28日

キッチンプランその2(トーヨーキッチン)

提案してもらったキッチンプランの二つめ。トーヨーキッチンです。こちらの展示場で見たキッチンはステンレスを随所に使用したクールデザインのものが多く、とてもモダンな感じで、シンプルなインテリアによく似合いそうだと思いました。トーヨーキッチンはRFS神戸モデルハウスでも採用されており、洗練されたデザインがRFSのインテリアにとてもマッチしておりました。

見積もりをお願いした時、こちらの予算の問題もあるので中間グレードのF-BAYというシリーズで見積もりをお願いしていました。しかし、最初にこちらから指定した面材の設定がなかったということが後で分かり、仕方なくBAYという一番上のグレードのもので見積もりされていました。画像はこちらです。
a0022762_23555099.jpg
このキッチンの特徴ですが、奥行きが75センチもあり、天板の面積が広い分、キッチンの幅が小さくても大きな収納をとることが出来るそうです。家事動線も短くて済むので非常に使い勝手が良いとのことです。また、シンクは通常よりかなり深くて、とても使いやすそうだと妻は気に入っていました。キッチン側は見た目使い勝手ともになかなか高得点という印象ですが、右側の収納棚はもう一工夫欲しいなという感じです。

ちなみに価格ですが、定価ベースで260万円弱(施工費込み)。多少の値引きはしてもらえるとは思いますが、やはり最上位グレードですので結構な金額になっています。
[PR]

by nemujiro | 2005-01-28 23:59 | キッチン | Comments(0)