2008年 01月 31日

RFSの秘密1 〜床

a0022762_5381752.jpg
我が家の薪ストーブ煙突は1階天井を貫いて施工されています。

工事のときの記事はこちらですが、かなりの難工事であったことを記憶しています。今日は薪ストーブ工事を振り返り、ロイヤルフォートスウェーデンの普段見られない部分をご紹介したいと思います。
a0022762_5382835.jpg
▲薪ストーブ工事の際には2階から床に最初小さな穴を開け、そこからノコギリで40センチ角にくり抜きます。このとき、RFSのお家の床があまりにも分厚く、頑丈であったため、切るときにノコギリが負けてしまい、切断面が焼けて黒く焦げてしまいました。そして、これまで幾多の工事をこなされてきた薪ストーブ工事業者さんも、こんな床は見たことがないと驚きの声をあげていました。

この床構造をもう少し詳しく見たのが次の画像です。
a0022762_5385631.jpg
▲2階床(1階天井)は、24mm下地合板の上に4mm防振マットを敷き、その上に11mmバーチ材無垢フローリングという構造になっています。トータルの床材厚みは4センチにもなります。普通のお家では3センチ以下でしょうか。

さらに・・・床の下には30センチもの厚みで断熱材が敷き詰められています。
この断熱材ですが、詰める前は確か50センチの厚みだったと思います。
ですので、スカスカではなく、かなりしっかりと詰め込まれているということです。

見えるところがものすごく立派に見えるけど、見えないところは???のお家と、住性能に関わる部分では見えないところであっても、とにかくお金が掛かっているお家、どちらが良いのでしょうか。このあたりは読者の皆さんの判断にお任せしたいと思います。

僕的には、ふと感じる快適さであったり、ロイヤルフォートにして良かったなと思えるその理由は、おそらく、この見えないところの差であると思っています。(プチ自慢^^でした)
[PR]

by nemujiro | 2008-01-31 00:54 | RFSの秘密 | Comments(12)
Commented by northin at 2008-01-31 08:39 x
これは分厚いですね
そして断熱材の量にもビックリです
遮音性は素晴らしいのでは?
これだけの断熱が家中にしてあると
薪ストーブで暖めた室温はなかなか下がらないのでは?

うちの家は正反対で
天井兼床板で1枚です
初めて来られた方は2階の足音が
よく聞こえるのでビックリされますよ
Commented by トクゾー at 2008-01-31 12:02 x
シャングリラ邸もそうでしたが、のこぎりの歯が駄目になってしまうのは、4mmの防振マットの性でしょうね。外壁面600mm還りは220mmのロックウールで断熱しています。その他は防音の為のロックウール50mmを敷き詰めています。
Commented by レオン at 2008-01-31 20:46 x
我が家はhigom邸がお願いをした薪スト屋(アンデルセン)さんに見積りをしましたが
RFSは施工工事が大変だよな~と言われました!(笑)
屋根も大変だと言っていました
higom邸は工事予定を1日オーバーした様です。
恐るべしRFSです。
Commented by シャングリ・ラ at 2008-01-31 23:17 x
なるほど、トクゾーさんの仰るとおりかも。黒くなった原因がよく分からなかったのですが、ゴムのせいならばうなづけます。

一階床の方も紹介もお願いします(でも中が見られる画像が無いかな~)。
Commented by Harry at 2008-02-01 01:09 x
防振マットは質量を増すために、エボナイトのような材質のようでした。「施工工事が大変」というのは、作りがすごいことを言う場合もありますが、違う意味のことを言っている場合もありますよ。笑

さて、この記事が出てきたということは、そろそろかなぁあ~。
Commented by レオン at 2008-02-01 05:52 x
>施工工事が大変
主な理由が説明不足でした。
1.材料が通常より厚い。
2.1200モジュール設計の為に60cm間隔で柱が入っているので
  2階貫通の時には穴を開ける位置決めが難しいとの事でした。
3.瓦も何とかと言っていたが忘れちゃった!(笑)
Commented by nemujiro at 2008-02-03 07:47
northinさん
この断熱材がもたらす高気密高断熱性能が北欧住宅の売りです。
薪ストーブで暖めた熱を外に逃がさないので、薪の消費が少ないのも
特筆すべき点であると考えます。

屋外の音に対する遮音性はかなり高いですね。
ただし、家の中で発生した音は結構響きますよ。
Commented by nemujiro at 2008-02-03 08:01
トクゾーさん
解説ありがとうございました。
シャングリ・ラさん邸も工事大変だったようですね。
薪スト工事に優しい仕様にしないと薪スト業者から嫌われるかも♪
Commented by nemujiro at 2008-02-03 08:06
シャングリ・ラさん
防振マットのせいだったんですね。トクゾーさんに感謝♪
1階は何もしてないので、残念ながら画像はないです。
もしかしたら建築工事中の時のがあるかもしれませんが。
Commented by nemujiro at 2008-02-03 08:08
Harryさん
厄介である・面倒であるということかな(笑)
我が家もシャングリ・ラさん邸も煙突の曲げが入りましたから。。。
貴殿はそのことを言っているのかと推測しましたがいかが?
Commented by nemujiro at 2008-02-03 08:11
レオンさん
その通りだと思います。さすが良く研究されておられる!
ということは。。。そろそろかな?
Commented by レオン at 2008-02-03 16:10 x
勉強は去年にしたんですがお金が無くて・・・・(汗)


<< アメリカ出張(その1)      ついに・・・ >>