2004年 12月 19日

RFSとスウェーデンハウスの比較(その1)

ここを読んでいるRFSを検討中の方の中から時々メールをいただくので分かるのですが、SWH(スウェーデンハウス)とどちらが良いか、悩まれている方は結構多いと思われます。なので、RFSとSWHの違いについて、比較検討時に重視したところを僕なりにまとめてみたいと思います。

1.RFSは1階天井高2.7mが標準(SWHは2.4m)。SWHで2.7m仕様はオプションになり結構な金額アップになります。天井が高いと開放感があり、同じ床面積でも広々した印象になると思います。でも、天井が低い方が落ち着くからと、こちらを好む人もおられます。

2.壁パネルはRFSの方が分厚いので断熱性能的に見ると高くなります。SWHレベルの断熱性能でも、日本の気候ではスウェーデンほど寒くなったりしないので、こちらでも十分であり、結果的に大差ないのかな?と思っています。

3.部材単価、工事単価が違います。全体的にSWHの方が高くなっており、利益を多く乗せているということになります。僕の場合、予算が心配でしたので、この点が結構ポイントになりましたね。
工事単価に関しては、SWHは工事が概ね丁寧との評判もあるし(RFSの工事が粗雑という意味ではないです)、工事の仕方に多少差があるとも思いますので、比較の対象には挙げにくいと思います。よって、比較し易い部材単価で、一例を挙げて比較してみました。

(メキシタイル)INAX製 
RFS品名;ロイヤルメキシ(色3色?)   ¥8,280/m2
SWH品名:リカメキシ(色5色)  ¥14,000/m2
両社で色が違うだけでモノ的には全く同じ。製造メーカーとの契約があるそうで、お互い同じ色を使うことは出来ません。僕の場合、リカメキシではシックで微妙な色違いのものがラインナップされており、とても気に入っていたのですが、残念ながらロイヤルメキシでは好みの色がありませんでした。

(トップターン窓)
RFSはメーカーから直接供給。SWHは(多分)ガデリウス社経由にて供給。その差により中間マージンが発生しているのでしょう。エリートフェンスターは日本導入実績も長く、ブランド料的なものもあると思います。

結果的には、同じ大きさの窓でも、
RFS=エラフォンスター社 < SWH=エリートフェンスター社という価格になっています。

肝心の品物ですが、見た目は同じ(エリートフェンスターは窓に「Elitfonster」と書いてあります。最近のは書いてないモノも見かけました(他社品かも?))。性能的にも同じだと思います。いろいろ調べましたが、僕には違いを見いだせませんでした。窓は単価が高く、また個数も多いので、トータル金額では相当な差が出てきます。

(床材)
RFS・SWHとも同じバーチ無垢材として、材料費のみ。
RFS;¥4,500以下/m2 SWH;¥6700/m2
ほぼ同じようなモノでもこの価格差になっています。

まだまだ他にもありますので、今日のところはこの辺で。その2に続く。
[PR]

by nemujiro | 2004-12-19 23:35 | RFS建築日記 | Comments(2)
Commented by JIJI at 2004-12-21 13:41 x
こんにちは!
北欧住宅検討中の方々には、解り易い情報ですね!
補足しますと、木製サッシにおいては、SWHはノーマル3重、
RFSはさらに、LOW-E&アルゴン充填仕様ですね!
この性能差は、体感できるほどの差であると認識しております。
私がどうしても許せなかったのは、SWHのデフォルト床材が
松下のクラックレスフローリングであったことです。当然クラックレスの利点もありますが、木製3重サッシとクラックレス床では、どう考えても、整合性がないのではと思いました。
Commented by nemujiro at 2004-12-21 19:48
こんにちは。
LOW-E&アルゴン充填仕様の性能差は実際住んでいる方ではないと分からない情報ですよね!フォローありがとうございます。
僕も松下のクラックレスフローリングはSWH検討時に最初からNGでした。でも無垢のバーチはメチャ高いー!。
続編書きましたので、間違ってるところあったら又フォローお願いしますね。


<< RFSとスウェーデンハウスの比...      NAVI 2005年1月号 >>